Eat

Eat

食べる

六本木〈ネフェルティティ東京 西麻布店〉で味わうエジプト料理。WORLD GOURMET GUIDE vol.2

世界中の料理店がギュッと集まる町、東京。1ヵ国1店舗、計30ヵ国を巡る食の旅へとご案内。その国のことをより深く知るための音楽・映画・本も、各分野のプロがセレクトしました。次の週末は、思い立ったらすぐ行ける外国へ。

Photo: Kaori Oouchi, Kayoko Aoki, Kenya Abe, Yoichiro Kikuchi, Kayoko Ueda, Kazuharu Igarashi / Text (restaurant): Kahoko Nishimura, Yumiko Ikeda, Chisa Nishinoiri, Ai Sakamoto, Koji Okano, Keiko Kodera / Text (culture ): Ryota Mukai

連載一覧へ

エジプト料理とは?

首都はカイロ、人口約1億233万人。紀元前に世界四大文明の一つ・エジプト文明で栄えた。

イスラム教徒が多いために羊と牛が食されるが、ナイル川や地中海での漁業も盛ん。エイシという平たい円形のパンが主食でレモンとニンニクが効くゴマペースト・タヒーナが多用される。

ネフェルティティ東京 西麻布店(六本木)

エジプトの5ツ星ホテルで10年以上の経験を積んだ料理人と、元エジプト大使館専属シェフを招聘。アラビア風のテントで仕切られた店内では、ゆったりとコースも楽しめる。

ナイル川で獲れたナイルパーチのグリルが、こちらの名物料理。スズキに似た白身魚にはマスタードクリームソースを合わせ、ワインに合うコク深い味わいに仕上げている。

六本木〈ネフェルティティ東京 西麻布店〉店内の様子
六本木〈ネフェルティティ東京 西麻布店〉店内の様子

エジプトを楽しむ映画

『ナイル殺人事件』(1978年版)

ナイル川を渡る豪華遊覧船で起きる連続殺人事件を描くミステリー。原作はアガサ・クリスティーの小説『ナイルに死す』。「船越しに見える景色は旅情たっぷり。名優ピーター・ユスティノフ演じるポワロはハマり役です」(矢田部)

©1978 STUDIOCANAL FILMS Ltd[MF:©1978 CANAL+IMAGE UK LTD. ALL RIGHTS RESERVED.]

セレクター:矢田部吉彦(前東京国際映画祭作品選定ディレクター)
やたべ・よしひこ/2021年よりフリーランス。不定期で映画上映会を開催。

エジプト語で言ってみよう

現地の言葉で「ありがとう」:シュクラン

現地の言葉で「おいしい」:ラジーズ

連載一覧へ