Read 読む

Read

384 Articles

  1. 哲学者・小泉義之が選ぶ「ポスト資本主義」をキーワードにした、2023年を生き抜くためのブックガイド

    哲学者・小泉義之が選ぶ、現代を生き抜くためのブックガイド。キーワード:「ポスト資本主義」

    Read

  2. 『羽根むしられて ウディ・アレン短篇集』ウディ・アレン/著

    村上春樹の私的読書案内『羽根むしられて ウディ・アレン短篇集』

    Read

  3. 斉藤壮馬の「ただいま、ゼロ年代。」

    斉藤壮馬の「ただいま、ゼロ年代。」第10回 米澤穂信『さよなら妖精』

    Read

  4. 「GOOD STYLE for Mr. BRUTUS かっこいい大人をつくる。2023S/S」編集後記のアイキャッチ

    「GOOD STYLE for Mr. BRUTUS かっこいい大人をつくる。2023S/S」編集後記:では、かっこいい大人の顔って?

    Read

  5. 〈BACH〉代表、ブックディレクター・幅允孝

    効率重視の世の中で“鈍く考える”。ブックディレクター・幅允孝が本を読む理由

    Read

  6. 左上『ケアするのは誰か?』、右上『本心』、左下『波』、右下『もうひとつの声で』

    文学から現代の“ケア”を考える『ケアする惑星』。著者の小川公代に聞く

    Read

  7. スケボー写真師『川』編集長・荒川晋作

    覚えた違和感を大事にする。写真家が作るスケボー写真誌『川』の自由な編集

    Read

  8. 妄想小説「香りは記憶」 Vol. 4 〈GOUTAL〉のオーダトリアン オードトワレの画像

    妄想小説「香りは記憶」 Vol.4 〈GOUTAL〉のオーダドリアン オードトワレ

    Read

  9. 奇奇怪怪明解事典の百貨戯典。中古書店の100円本を読む

    奇奇怪怪明解事典の百貨戯典。中古書店の100円本を読む:次の時代の “中心”を占う 雑誌文化論

    Read

  10. 雑誌『inch magazine』編集者の菅原祐樹と前田和彦

    カルチャーの社会問題を考える『inch magazine』。文化の裏に潜む、小さな声を拾う

    Read

  11. 漫画家・魚豊が選ぶ「信じる」をキーワードにした、2023年を生き抜くためのブックガイド

    漫画家・魚豊が選ぶ、現代を生き抜くためのブックガイド。キーワード:「信じる」

    Read

  12. ゆる書評まんが 「読み漫!」アイキャッチ

    ゆる書評まんが「読み漫!」。第3回『とてつもない失敗の世界史』

    Read

  13. 「追い込まれたって大丈夫。伊藤聡と松田青子が選ぶ小説6冊。」アイキャッチ

    追い込まれたって大丈夫。伊藤聡と松田青子が選ぶ、救いのヒントが見つかる小説6選

    Read

  14. 現代フランス料理を築き上げた重鎮、ポール・ボキューズによるレシピ本。著/ポール・ボキューズ。Flammarion

    〈organ〉店主・紺野 真の捨てられない本。『LA CUISINE DU MARCHÉ』

    Read

  15. 『クレイジーケンズ マイ・スタンダード』横山剣/著、『PANTA自伝1 歴史からとびだせ』PANTA/著、『デッドロック・ストリート』日影晃/著、『失われた愛を求めて 吉井和哉自伝』吉井和哉/著

    日本のロッカーたちの自伝20選。松任谷由実、横山剣、GACKT、布袋寅泰etc.

    Read

  16. 精神科医・春日武彦

    死んでる?死んでない?精神科医・春日武彦が選ぶ、生と死の境目を考える小説7選

    Read

  17. 菅付雅信『写真が終わる前に』

    編集者・菅付雅信の写真論。その集大成が刊行『写真が終わる前に』

    Read

  18. 写真との出会い、そして岐路にあった本を写真家・川島小鳥が振り返る

    写真家・川島小鳥の道のりは、常に本とともに。個展を前に岐路にあった本を振り返る

    Read

  19. 岡田利規が脱帽した、グラフィック・ノヴェルの最前線とは

    チェルフィッチュ・岡田利規が『アクティング・クラス』で感じた「演技」の危険さ

    Read

  20. 村上春樹は翻訳家として何がすごいのか?

    “翻訳家としての村上春樹”は何がすごいのか?小野正嗣、辛島デイヴィッドに聞く

    Read

  21. ラランド・ニシダの愛すべき純文学

    ラランド・ニシダの愛すべき純文学:牧野信一『ゼーロン』

    Read

  22. 海外文芸は翻訳者で選ぶ

    海外文芸は翻訳者で選ぶ。藤井光、柳下毅一郎、岸本佐知子etc.

    Read

  23. MARUZEN & ジュンク堂書店 渋谷店 店内

    時代の空気を感じ取り、棚から棚へ。水ダウ・藤井健太郎とTaiTanが書店に足を運ぶ理由

    Read

  24. 『今日の英米演劇Ⅰ』喜志哲雄ほか/訳

    村上春樹の私的読書案内『今日の英米演劇Ⅰ』

    Read

哲学者・小泉義之が選ぶ「ポスト資本主義」をキーワードにした、2023年を生き抜くためのブックガイド

哲学者・小泉義之が選ぶ、現代を生き抜くためのブックガイド。キーワード:「ポスト資本主義」

Read

『羽根むしられて ウディ・アレン短篇集』ウディ・アレン/著

村上春樹の私的読書案内『羽根むしられて ウディ・アレン短篇集』

Read

斉藤壮馬の「ただいま、ゼロ年代。」

斉藤壮馬の「ただいま、ゼロ年代。」第10回 米澤穂信『さよなら妖精』

Read

「GOOD STYLE for Mr. BRUTUS かっこいい大人をつくる。2023S/S」編集後記のアイキャッチ

「GOOD STYLE for Mr. BRUTUS かっこいい大人をつくる。2023S/S」編集後記:では、かっこいい大人の顔って?

Read

〈BACH〉代表、ブックディレクター・幅允孝

効率重視の世の中で“鈍く考える”。ブックディレクター・幅允孝が本を読む理由

Read

左上『ケアするのは誰か?』、右上『本心』、左下『波』、右下『もうひとつの声で』

文学から現代の“ケア”を考える『ケアする惑星』。著者の小川公代に聞く

Read

スケボー写真師『川』編集長・荒川晋作

覚えた違和感を大事にする。写真家が作るスケボー写真誌『川』の自由な編集

Read

妄想小説「香りは記憶」 Vol. 4 〈GOUTAL〉のオーダトリアン オードトワレの画像

妄想小説「香りは記憶」 Vol.4 〈GOUTAL〉のオーダドリアン オードトワレ

Read

奇奇怪怪明解事典の百貨戯典。中古書店の100円本を読む

奇奇怪怪明解事典の百貨戯典。中古書店の100円本を読む:次の時代の “中心”を占う 雑誌文化論

Read

雑誌『inch magazine』編集者の菅原祐樹と前田和彦

カルチャーの社会問題を考える『inch magazine』。文化の裏に潜む、小さな声を拾う

Read

漫画家・魚豊が選ぶ「信じる」をキーワードにした、2023年を生き抜くためのブックガイド

漫画家・魚豊が選ぶ、現代を生き抜くためのブックガイド。キーワード:「信じる」

Read

ゆる書評まんが 「読み漫!」アイキャッチ

ゆる書評まんが「読み漫!」。第3回『とてつもない失敗の世界史』

Read

「追い込まれたって大丈夫。伊藤聡と松田青子が選ぶ小説6冊。」アイキャッチ

追い込まれたって大丈夫。伊藤聡と松田青子が選ぶ、救いのヒントが見つかる小説6選

Read

現代フランス料理を築き上げた重鎮、ポール・ボキューズによるレシピ本。著/ポール・ボキューズ。Flammarion

〈organ〉店主・紺野 真の捨てられない本。『LA CUISINE DU MARCHÉ』

Read

『クレイジーケンズ マイ・スタンダード』横山剣/著、『PANTA自伝1 歴史からとびだせ』PANTA/著、『デッドロック・ストリート』日影晃/著、『失われた愛を求めて 吉井和哉自伝』吉井和哉/著

日本のロッカーたちの自伝20選。松任谷由実、横山剣、GACKT、布袋寅泰etc.

Read

精神科医・春日武彦

死んでる?死んでない?精神科医・春日武彦が選ぶ、生と死の境目を考える小説7選

Read

菅付雅信『写真が終わる前に』

編集者・菅付雅信の写真論。その集大成が刊行『写真が終わる前に』

Read

写真との出会い、そして岐路にあった本を写真家・川島小鳥が振り返る

写真家・川島小鳥の道のりは、常に本とともに。個展を前に岐路にあった本を振り返る

Read

岡田利規が脱帽した、グラフィック・ノヴェルの最前線とは

チェルフィッチュ・岡田利規が『アクティング・クラス』で感じた「演技」の危険さ

Read

村上春樹は翻訳家として何がすごいのか?

“翻訳家としての村上春樹”は何がすごいのか?小野正嗣、辛島デイヴィッドに聞く

Read

ラランド・ニシダの愛すべき純文学

ラランド・ニシダの愛すべき純文学:牧野信一『ゼーロン』

Read

海外文芸は翻訳者で選ぶ

海外文芸は翻訳者で選ぶ。藤井光、柳下毅一郎、岸本佐知子etc.

Read

MARUZEN & ジュンク堂書店 渋谷店 店内

時代の空気を感じ取り、棚から棚へ。水ダウ・藤井健太郎とTaiTanが書店に足を運ぶ理由

Read

『今日の英米演劇Ⅰ』喜志哲雄ほか/訳

村上春樹の私的読書案内『今日の英米演劇Ⅰ』

Read

01 / 16