Eat

クラフトビールで、餃子はもっとおいしくなる Vol.1 〈みんみん〉〈餃子の王さま〉

餃子とビール=“餃ビー”。言わずと知れた、最強の組み合わせ。餃子を食べるとビールが飲みたくなり、逆もまたしかり。そんな“餃ビー”の新たな可能性を探るべく、餃子愛好家のオガサワラガクさんと、〈Caliquors Tokyo〉の店主・白石達磨さんがクラフトビールとのペアリングを提案。餃子とクラフトビールの個性が交わり、かつてない味わいが生まれる。

Photo: Shinsaku Yasujima / Text: Koji Okano

オガサワラガク

「餃ビー」は昔から、町中華などで親しまれてきた日本の食文化です。やはりビールは餃子のベストパートナーだと思います。

白石達磨

大手メーカーのきれいなビールは餃子に合いますよね。

オガサワラ

爽快な飲み口が肉汁や油を洗い流してくれるから、食欲が湧きます。でも、いつも同じビールではもったいない。餃子も、野菜の餡であっさり、肉汁したたるこってり系など、味わいはさまざま。タイプに合わせてビールを選べれば、ペアリングの可能性が広がります。

白石

日本で流通するビールのほとんどはラガーの中の一種ですが、僕が扱うような小規模醸造所のクラフトビールは、苦味に幅があったり、酸味を伴ったりと、バラエティ豊か。ブームの発端となったアメリカだけでも、約8000のブルワリーがある。

今や日本でも、国産から海外産まで、クラフトビールの種類は豊富なので、餃子の個性に合った銘柄を提案できると思います。

オガサワラ

このご時世で、餃子をテイクアウトできるお店も増えています。好きな餃子を買って帰り、好きなお酒と自由に組み合わせる。餃子の新しい楽しみ方ですね。

白石

ただクラフトビールも餃子も個性が強いので、味の“殴り合い”になりがち。キャラクターを足したり引いたり、合わせたりして、ペアリングを考える必要があります。

白石達磨さん(右)オガサワラガクさん(左)
左:餃子愛好家・オガサワラガク、右:Caliquors Tokyo 店主・白石達磨

ベーシック餃子〈みんみん〉
バランスいい餃子には、喉越しに秀でたラガーを。

白石

ガクさんが集めてくれた餃子を見ると、表情がさまざまですね。

オガサワラ

気づいてくださいましたか!フォルムがかわいいと、それだけで、餃子に恋してしまいます。

白石

えっ、恋ですか?(笑) 餃子に、そこまでの愛情を注げるとは。あっ、でも、この吉祥寺〈みんみん〉の焼き餃子、めちゃくちゃおいしい。僕、一目惚れしたかも(笑)。

オガサワラ

さすが白石さん、お目が高い。これは僕が思う、ベーシック・オブ・ベーシック餃子なんです。野菜と肉のバランスが理想的。

白石

皮も分厚いけど、餡も濃厚なのでいい塩梅です。餃子の味を邪魔しない方向ならアメリカ〈FIRESTONE WALKER〉のLagerが合うかも。ピルスナーと同じラガーの一種で、ヘレスというビアスタイル。

オガサワラ

これ、すごい!まるで水のように、ごくごく飲める。

白石

ホップが控えめで、飲みやすい。代わりに麦芽の旨味がきれいに出ています。飲み口のきれいなビールが、次の餃子を誘います。

オガサワラ

僕はこのベーシックな餃子には、奇を衒わずに、〈箕面ビール〉のピルスナーを推します。

白石

〈箕面ビール〉のピルスナーは、油を洗い流すだけでなく、柔らかい飲み口ですよね。

オガサワラ

いったん、口の中がリセットされることで、箸が進みます。

〈みんみん〉の餃子、〈FIRESTONE WALKER〉のLager、〈箕面ビール〉のピルスナー
餃子:吉祥寺〈みんみん〉東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-9 TEL:0422-22-5015。11時~21時。木曜休。餃子テイクアウト500円。軒先にテイクアウト専用カウンターあり。

水のようにさらさらな究極ラガー「FIRESTONE WALKER Lager」

「〈FIRESTONE WALKER〉のLagerは水のような飲み口で、優しく餃子の油を切ってくれます。ただ注目すべきは、クリアだからこそ浮かぶ麦の旨さ。〈みんみん〉のような王道餃子に合わせると、皮の小麦の風味と一体感を醸成します」(白石) 594円(355㎖)。ナガノトレーディング TEL:045-315-5458。10時~17時。土曜・日曜・祝日休。

優しい爽快感の王道ラガー「箕面ビール ピルスナー」

「〈みんみん〉の餃子は皮がしっかりで、餡の肉と野菜のバランスが絶妙。〈箕面ビール〉のピルスナーは爽快なだけでなく、穏やかな飲み口で餃子のおいしさも受けてくれます。麦芽の程よい甘味も、肉餡のアクセントに」(オガサワラ) 418円(330㎖)。箕面ビール TEL:072-725-7234。9時~17時。日曜休。

あっさり餃子〈餃子の王さま
小麦のふくらみが野菜の甘味を受け止める。

白石

次は〈餃子の王さま〉のあっさり餃子を食べてみていいですか?

オガサワラ

どうぞ。餡は野菜がメイン。揚げるように焼いています。

白石

皮はパリパリだけど、野菜の旨味を吸って、適度にしなっていますね。しっとりと小麦が香ります。 

オガサワラ

これには〈常陸野ネストビール〉のホワイトエールがいいのかなと。飲み口が穏やかなので、野菜の甘味をより引き立てます。

白石

ピルスナーで餃子の油を流す、先ほどとは逆の発想ですね。タッチの柔らかいビールで、餡の旨味を残してしまう。いいアイデアです。

オガサワラ

白石さんのセレクトはなんでしょう?

白石

僕は皮に着目して、〈麦雑穀工房〉のヴァイツェンです。小麦比率が高いのでテクスチャーが細かく、舌触りが滑らか。餃子の皮のしなやかさを生かします。

オガサワラ

あと、このフレーバー。餃子の皮の香りとマッチしますね。

白石

このビールも餃子の皮も小麦由来。ビールの香り、テクスチャー、味わいを餃子に寄せることで、自然なペアリングが生まれます。

〈餃子の王さま〉のノーマルな餃子、ヴァイツェン、ホワイトエール
餃子:浅草〈餃子の王さま〉東京都台東区浅草1-30-8 TEL:03-3841-2552。11時15分~14時LO、16時~20時LO。火曜休。餃子テイクアウト¥900(2人前〜)。

右:野菜の甘味を受ける小麦ビール「麦雑穀工房 雑穀ヴァイツェン」

「ヴァイツェンは小麦麦芽を50%以上使ったビール。小麦比率が高いので、ホワイトエールよりも“受けのボディ”があって、小麦のふくらみが野菜の甘味をキャッチします。〈麦雑穀工房〉では、小麦も自家栽培で原料にしています」(白石) ¥660〜770(330㎖)*自家栽培原料使用比率で単価変動。麦雑穀工房マイクロブルワリー TEL:0493-72-5673。15時〜18時30分(土・日11時〜)。月曜・火曜休。

左:野菜の甘味と共鳴する小麦ビール「常陸野ネストビール ホワイトエール」

「〈餃子の王さま〉のノーマルな餃子は、具材のほとんどが野菜。小麦の酸味が軽く、柑橘のような風味も爽やかなこのホワイトエールなら、野菜の甘味を消さずに食べ進められます。ホップが控えめなので、まろやかで飲みやすいです」(オガサワラ) ¥407(330㎖)。木内酒造合資会社 TEL:029-212-5111。9時~18時。無休。