Drink

Drink

飲む

いま飲むべき!クラフトビール【IPA】〜前編〜

ホップを大量に使うことで、鮮烈な香りとパンチが効いた苦味を実現させたIPA(アイピーエー)。アルコール度数が高めで、中には8%を超えるものもある。

Photo: Keiko Nakajima, Wataru Kitao / Text: Yumiko Ikeda / Edit: Ai Sakamoto

Patterns(パターンズ)

Great Notion Brewing(アメリカ)のPatterns(パターンズ)

ブルワリー:グレート ノーション ブリューイング (アメリカ)

少量生産のホップを贅沢に使ったダブルIPA。
ニュージーランドにある家族経営の農場で生産された、稀少なリワカホップで醸造。アルコール度数は8.2%と、IPAの中でもひときわ高い。「トロピカルな味わいながらフレッシュな青苦さが特徴。アメリカのクラフトビールの中心地であるポートランドで、2016年に初めてヘイジーIPAを造ったのがここなんです」(田嶋)。焼いた米やミルクシュガーを使った「パッションフルーツモチIPA」など、フルーツやデザートにインスパイアされた個性派ビールを手がける。473㎖ ¥1,364(編集部調べ)。

Stone IPA(ストーン アイピーエー)

Stone Brewing(アメリカ)のStone IPA(ストーン アイピーエー)

ブルワリー:ストーン ブリューイング(アメリカ

“ものすごく苦いIPA”に市民権を与えた逸品。
ホップが生み出す香りと苦味のどちらも強調した、ウェストコーストで主流のスタイル。レモンの皮や松を彷彿させる清涼感があるアロマと、強烈なインパクトの苦味はセンセーショナルだった。「ホップがガツンと効いたIPAの元祖的な存在。日本でIPA人気が高まるずいぶん前の1997年から醸造しています」(木暮)。創業当時は異端児扱いをされるほど、クラフトビール業界にIPA旋風と議論を巻き起こした。ほかに、攻撃的なほど大量にモルトを使うビールなども造る。355㎖ ¥675。

Mad Fat Fluid(マッド ファット フルーイッド)

Interboro Spirits & Ales(アメリカ)のMad Fat Fluid(マッド ファット フルーイッド)

ブルワリー:インターボロー スピリッツ アンド エールズ(アメリカ)

3種のホップが織り成す香りと、程よい苦味を。
伝統的なイングリッシュスタイルのペールモルト、オーツ麦、小麦を用い、アメリカンエールイーストで発酵させる、ダブルドライホップドIPA。「濁りがかった淡い黄色のIPAは、ここのフラッグシップ。3種のホップを使い、オレンジ、パイナップル、グレープフルーツのフレーバーをしっかりと打ち出している」(田嶋)。後味はドライかつ爽やか。ニューヨークの街と文化に根差したブルワリーで造るさまざまなスタイルのビールは、シンプルな味わいが主流だ。473㎖ ¥1,290(編集部調べ)。

DRUNKEN SAILOR(ドランクン セイラー)

CREW Republic(ベルギー)のDRUNKEN SAILOR(ドランクン セイラー)

ブルワリー:クルー・リパブリック(ドイツ)

ドイツ生まれの自信作は麦の甘味がしっかり。
単純にホップの量を増やすことで苦味や香りを出すのではなく、ドイツ・バイエルンのブルワリーらしく、麦芽由来の甘味とバランスを備えている。「これから注目していきたい、ドイツ発のIPAの代表格。麦の味わいがしっかりと生かされている」(木暮)。ブルワリーの創業は2011年。その翌年からIPAを中心に醸造をスタートする。その一方で、コクがありアルコール度数が高い「マイボック」など、ジャーマンスタイルも限定醸造し、高い評価を得ている。330㎖ ¥748(編集部調べ)。

Revision IPA(リヴィジョン アイピーエー)

Revision Brewing(アメリカ)のRevision IPA(リヴィジョン アイピーエー)

ブルワリー:リヴィジョン ブリューイング(アメリカ)

創業直後に実力発揮!流行りを知る一本。
アメリカンスタイルのIPAには欠かせないシムコーホップを用い、シトラスや松の風味を前面に押し出している。クリーミーな口当たりで苦味を抑えているため、IPA初心者でも飲みやすい。「創業1年目にして、受賞が最も難しいとされるコンペで金賞を獲得したビール。IPAのトレンドを知りたいなら飲むべき」(木暮)。2017年にアメリカ・ネヴァダ州で設立。ヘイジースタイルに特化した〈HAZY Release〉シリーズは、ラインナップの多さと品質の高さから高評価を得ている。355㎖ ¥753。

DELTA IPA(デルタ アイピーエー)

BRUSSELS BEER PROJECT(ドイツ)のDELTA IPA(デルタ アイピーエー)

ブルワリー:ブラッセルズビアプロジェクト(ベルギー)

ブリュッセル市民が支持した新しいスタイル。
2013年のブルワリー創業時に、4種類の試作品の中からブリュッセル市民の投票により選ばれた、デビュー作でありフラッグシップ。パッションフルーツやオレンジを思わせるフルーティなアロマと、ほのかな酸味と苦味がある。「アメリカンホップなど複数のホップを使用しています。ベルギー伝統のセゾン酵母で上面発酵させたインターナショナルな一本」(コウゴ)。ベルギービールの伝統をリスペクトしつつ、ほかのブルワリーや枠を超えたコラボで“共創”の幅を広げている。330㎖ ¥670。