Eat

Eat

食べる

グルマン温故知新:千駄木〈木鶏〉確かな腕と遊び心を兼ね備える、下町の注目株

テーマごとにレストランを紹介するブルータスの人気連載。今回のテーマは「1万円以下の和食コース」。酒の品揃えが抜群で、インパクトのある料理で魅了する。左党にとってもハッピーメーカー的存在に。

photo: Shin-ichi Yokoyama / text: Mamiko Kume

連載一覧へ

木鶏(千駄木)

確かな腕と遊び心を兼ね備える、下町の注目株。

店主の佐藤隼人さんは日本料理の名店で修業を積み、23歳で〈京橋 酛〉の料理長に抜擢。その後東京・千駄木で独立を果たし、オープンしたのがこちら。

8,000円のコースは和の正統を踏まえつつ、型にはまらない自由さが魅力だ。突き出しは「羅臼昆布や真昆布を惜しみなく、カツオ節は一番だししか使いません」と力を注ぐだし料理。茶碗蒸しやあんかけで胃袋をつかみ、続くおしのぎは引きの強い押し寿司や棒寿司を。ここで八寸やつまみを挟んで酒シフトにギアチェンジ。揚げ物や焼き物でボルテージを上げ、土鍋ごはんと甘味で締めくくる。ちゃんと手をかけて、オリジナリティも出すのだから大したものだ。

料理に寄り添う日本酒は、自ら蔵元に足を運び、面識のある造り手にこだわる。その数70種類というから、意気込みたるや。

店名の〈木鶏〉は故事に由来。木彫りの鶏のように動じず、地に足をつけて地域に根ざした店に。その思いは実を結び始めた。

千駄木〈木鶏〉店主の佐藤隼人さん
菓子作りの好きな親の影響から料理の道へ進んだという店主の佐藤隼人さん。
千駄木〈木鶏〉店内
飾り棚を設けた店内はバーを思わせる雰囲気。

連載一覧へ