Eat

Eat

食べる

グルマン温故知新:幡ヶ谷〈こんにゃく寿司とかき氷 KON〉相手はこんにゃく寿司、という天晴れなコンビ

テーマごとにレストランを紹介するブルータスの人気連載。今回は一つの料理や食材への並々ならぬ愛情で、マニアックな専門店を作り上げてしまったお店。愛の強さ=味わいに比例する!遊び心溢れるメニューを堪能せよ。

photo: Shinichi Yokoyama / text: Michiko Watanabe

連載一覧へ

こんにゃく寿司とかき氷 KON(幡ヶ谷)

相手はこんにゃく寿司、という天晴れなコンビ

ちょっぴり郷愁を感じる幡ヶ谷の商店街の一角にある古民家が、目指す〈KON〉だ。昔の姿を残しつつ店舗にしていて、何とも落ち着く雰囲気。実はここ、刺繍家の小林モー子さんが開いた店だ。

ここ10年ほど、ポップアップショップを開いている熊本・阿蘇で出会った郷土料理のこんにゃく寿司と、ゴーラーなら知らない人はいない代々木公園〈セバスチャン〉監修のかき氷を組み合わせるなんて、粋だねぇ。「こんな店知ってるよ」と自慢したい。

こんにゃく寿司は、阿蘇にある〈Café TIEN TIEN〉店主の山田眞由美さん監修。おいなりさんともども、小ぶりで軽やかで食べやすい。セットについている日本茶と店頭販売の茶葉は、福岡〈万〉の徳淵卓さんのチョイスによるもの。

そもそもは「お酒のかき氷を作りたい」という思いから始まったこの店。ともかく、モー子さんの幅広い人脈で成り立っている、世にもユニークな店である。

幡ヶ谷〈こんにゃく寿司とかき氷 KON 〉店員
〈セバスチャン〉川又浩さん監修のかき氷はやっぱりすごい。器は笠間焼の作家Keicondoさん作。
幡ヶ谷〈こんにゃく寿司とかき氷 KON 〉店内
古い邸宅を改装した店内。

連載一覧へ