Eat

グルマン温故知新:飯田橋〈花時火鍋〉カジュアル、でも無化調の一人火鍋

テーマごとにレストランを紹介するブルータスの人気連載。今回は一つの料理や食材への並々ならぬ愛情で、マニアックな専門店を作り上げてしまったお店。愛の強さ=味わいに比例する!遊び心溢れるメニューを堪能せよ。

photo: Yoichiro Kikuchi / text: Kei Sasaki

連載一覧へ

花時火鍋(飯田橋)

カジュアル、でも無化調の一人火鍋。

かつて台湾スイーツの店だった店舗をそのまま生かしたカフェっぽい雰囲気だが、スープは四川の麻辣に加え、さっぱり鶏スープのキノコ火鍋、トマト火鍋など全4種と充実。親鶏とゲンコツで作るベースから店で仕込む、完全無化調だ。

オーナーは、日本で医療ツーリズムの仕事に携わっていた王華さん。自身も大の火鍋好き。思い立ったら一人でも、予約なしでも火鍋を楽しめる店をと開業に踏み切った。一人火鍋の店は、近年、中国でも人気沸騰中だが、日本ではまだ珍しく、スープから手作りする店はさらに少ない。

カジュアルだけれど華やかな気持ちで食事を楽しんでほしいと、北京から取り寄せた中国の七宝焼「景泰藍」の銅鍋で提供する。小籠包などの点心や、一品料理も揃い、飲んでつまんで火鍋で締める、なんて楽しみ方もあり。「食卓を囲む」ことが困難だった時代を経て生まれた新しいスタイルは、この先も広がっていきそう。

飯田橋〈花時火鍋〉オーナーの王華さん
王華さん。メニュー構成から、レシピまで、すべて一人で手がけた。
飯田橋〈花時火鍋〉店内
店内はかなりカジュアルだが、味は手抜きナシ。

連載一覧へ