Cook

週末の酒がうまい、BRUTUSの聞くレシピ Vol.7 ドラゴンハイボールでいただく「ゆで海老と豚肉とバジルワンタン」

最近、周りに料理上手な友達が増えてきた。どこの料理人から教わったのか、ちょっとしたひと手間で、ゲストを喜ばせたりして、なんだか羨ましい。自慢の一品をサラッと作れるスキルがあれば、週末の酒はもっとおいしくなるはずだ。気負わず簡単に作れる、とっておきのレシピを教えてくれるのは、料理家で〈and recipe〉主宰の山田英季さん。さて、今回のメニューは……。前回の「ズッキーニと白みそのヴィーガンタルティーヌ」も読む。

photo&text&recipe: Hidesue Yamada

連載一覧へ

梅雨ですね。じめじめした陽気に負けずに自分を明るく保つべく、爽やかな料理を作りたい気分になります。

そんなときには、いつもの料理にハーブを入れて、爽やかさをプラスします。今回は、ゆで海老と豚肉のワンタンにバジルを忍ばせます。それに合わせるのは、中華料理にベストマッチの紹興酒の炭酸割り、「ドラゴンハイボール」です。

紹興酒とドラゴンハイボール

中華料理にぴったりの、紹興酒ソーダ割り。

紹興酒とドラゴンハイボール

(ドランゴンハイボールの作り方)
グラスに氷をたくさん入れ、紹興酒1に対して、炭酸水を3注ぎ、お好みでカットレモンを添える。

それでは、作っていきましょう。

ワンタンをゆでたらすぐに食べたいので、まずはタレを作ってしまいましょう。小さめのボウルに黒酢、しょうゆ、砂糖、ごま油を入れてよく混ぜます。
これで黒酢のタレは完成です。

次に長ねぎ、しょうがをみじん切りにします。バジルは飾り用を残して、千切りにしましょう。みじん切りにするより、存在感が出ます。

生姜のみじん切り
料理の仕上がりをイメージして、刻む細かさも調整。

大きめのボウルに豚ひき肉、先ほど切った長ねぎ、しょうが、バジル、調味料(A)を加えて、粘り気が出るまでしっかりと混ぜます。

ワンタンの皮に先ほど作った餡をのせて包みます。

ワンタン
このままギュッと握る程度でも大丈夫。ゆでたときに中身さえ出なければ成功。

鍋に湯を沸かして、ワンタンと下処理した海老を入れ、3分ほどゆでます。

ワンタンの中に海老を具材として入れるのも美味しいですが、こうやって、ゆで海老とワンタンに分けると、2品食べているようで、なんだか得した気分になります。

ワンタン_海老_調理風景
湯に通したとたんに、鮮やかな彩りに。
茹で上がったワンタン
軽く湯切りして、盛り付ける時も別々にすると盛り付けも美しい。
ゆで海老と豚肉とバジルワンタン
ワンタンとゆで海老を器に盛り付けて、タレを回しかけ、バジルを飾れば完成。

プリプリの海老とジューシーでバジルの香りが爽やかなワンタンを黒酢のタレが華やかにまとめます。ぜひ、ドラゴンハイボールと一緒にお召し上がりください。

ドラゴンハイボールと「ゆで海老と豚肉とバジルワンタン」

材料 ふたり分

・殻付き海老…………6尾
・豚ひき肉……………150g
・長ねぎ………………1/4本
・しょうが……………5g
・バジル………………10枚
・ワンタンの皮………20枚
〈A〉
・塩……………………小さじ1/4
・黒こしょう…………少々
・オイスターソース…小さじ1
・ごま油………………小さじ1
〈B〉
・黒酢…………………大さじ2
・しょうゆ……………大さじ2
・砂糖…………………大さじ2
・ごま油………………大さじ1/2


ドラゴンハイボール材料
紹興酒、氷、レモン、炭酸水

作り方
1.長ねぎとしょうがをみじん切りする。バジルは、飾り用の葉を数枚残して、千切りにする。海老は、頭・足と背ワタを取る。小さめのボウルに〈B〉を入れて混ぜる。
2.ボウルに豚ひき肉と長ねぎ、しょうが、バジル、〈A〉を入れて、粘り気が出るまでよく混ぜる。
3.ワンタンの皮に2を入れて包む。
4.鍋にお湯を沸かして、ワンタンと海老を入れて3分ほどゆでて、お皿に盛り付け、〈B〉をかけ、バジルを飾る。

連載一覧へ