Drink

「ハードリカー大図鑑」テキーラ/メスカル編。高級酒としての地位を確立したテキーラ、自然派好きにはメスカルを

2000年代からハリウッドセレブがこぞってハマったテキーラは、すっかりセレブ御用達の肩書も馴染み、人気も定着したようだ。一方、テキーラよりも広い地域の原産地呼称を持つメスカルは、テキーラを追うように知名度を上げ、最もカッコいいハードリカーへと上り詰めようとしている。メキシコ蒸留酒時代の幕開けか⁉

Illustration: Shinji Abe(karera) / Photo: Shin-ichi Yokoyama / Text: Akio Mitomi, Chise Nisinoiri, Ryota Mukai / Edit: Kaz Yuzawa

サンタネーラオーガニック
(サンタネーラ蒸留所)

完璧なコントロール下で造られる、
クリーンな一本。

自社で栽培するオーガニックのアガベを使用し、雑味のない苦味が感じられる。蒸留所では発酵から熟成までずっと、モーツァルトなどのクラシック音楽を流している。

テキーラ〈サンタネーラオーガニック〉
サンタネーラオーガニック | 40度、750ml。

クラセアスール レポサド
(トラディシオン蒸留所)

フォークロア調の陶器ボトルが美しい
ラグジュアリーテキーラ。

スムーズでまろやかな口当たり、完璧な熟成が生み出す絶妙な甘味を携えたテキーラは、あのジョエル ロブションでもオンリストされている。

テキーラ〈クラセアスール レポサド〉
クラセアスール レポサド | 40度、750ml。

カジェ23 クリオージョ ブランコ
(テキーラ・キオーテ蒸留所)

近年輸入された中では
最高峰のブランコ!

小さいまま熟したクリオージョという高糖質のブルーアガベのみを使用。サンフランシスコ・ワールドスピリッツ・コンペティションで金賞・最優秀賞をW受賞。

テキーラ〈カジェ23 クリオージョ ブランコ〉
カジェ23 クリオージョ ブランコ | 49.3度、700ml。

カスカウィン レポサド
(カスカウィン蒸留所)

伝統ある蒸留所で光る
唯一の日本人テキレロの仕事。

ハリスコ州で100年以上続くカスカウィン蒸留所が日本人テキレロ、景田哲夫氏の仕事場。アメリカンオーク樽で熟成したレポサドはほのかな樽香がアクセントだ。

テキーラ〈カスカウィン レポサド〉
カスカウィン レポサド | 38度、750ml。

エレンシア デ プラタ
(テキーラス・デル・セニョール蒸留所)

アガベ本来の甘さを感じたいなら、
老舗メーカーにお任せを。

1943年創業の老舗テキーラメーカー。樽熟成をしていないため、アガベ本来の甘さが感じられる。無垢なテキーラを味わえるから、初心者が最初に飲む一本にもぴったり。

テキーラ〈エレンシア デ プラタ〉
エレンシア デ プラタ | 38度、750ml。

ドン ナチョ ブランコ
(ドン ナチョ蒸留所)

最高のアガベから最高のテキーラを。
生産者の思いが実現。

メキシコでも指折りのアガベ農家のグティエーレス家が意を決して造った最高傑作。100%オーガニックのハーブ感漂うプレミアムテキーラが¥3,000台なら即買いです。

テキーラ〈ドン ナチョ ブランコ〉
ドン ナチョ ブランコ | 38度、750ml。

ロス・ダンサンテス ホベン
(ロス・ダンサンテス蒸留所)

伝統と科学との融合で安定した
高品質を実現した先進のメスカル。

電気もガスも使わない伝統的なハンドクラフトを、薬学研究員の分析で支援。発酵時間やアルコール度数などを管理し、洗練され研ぎ澄まされたメスカルを実現している。

メスカル〈ロス・ダンサンテス ホベン〉
ロス・ダンサンテス ホベン | 47度、750ml。

アモーレス エスパディン
(アモーレス)

伝統製法が生み出す、インパクトある味わい。
ツウなあなたに。

メスカルの一大生産地オアハカで、伝統的な製法を続ける蒸留所。口全体に甘い香りと苦味が広がる。力強い味わいなので玄人向けではあるが、度数は低めで飲みやすい。

メスカル〈アモーレス エスパディン〉
アモーレス エスパディン | 37度、700ml。

デルンベスサンルイスポトシ
(デルンベス)

多様性を表現するデルンベスシリーズから
クリアな一本を。

サンルイスポトシ州の乾燥した地域にしか育たないアガベ、サルミアナを使用。スモーキーさを抑えて濃厚な味わいのサルミアナと野生酵母のマリアージュを表現している。

メスカル〈デルンベス サンルイスポトシ〉
ンベスサンルイスポトシ | 43度、750ml。

ラ・メディダ
(ラ・メディダ)

7種類のアガベそれぞれを
飲み比べたいブランド。

メスカル規制委員会の創立メンバーによるブランド。7種類(写真は6種類)のアガベ(スペイン語ではマゲイ)ごとに、専門の職人が蒸留したメスカルをボトリング。

メスカル〈ラ・メディダ〉
ラ・メディダ | 45.8〜49.37度、750ml。

ヴォルティセ
(アルカウテ蒸留所)

コストパフォーマンスが良い
オアハカ産の本格メスカル。

エスパディンの風味が強くスモーキーでありながら、2回蒸留によりクリアで華やかな味わい。度数が低いのでストレートでも飲みやすく、メスカリータやハイボールのベースにも最適。

メスカル〈ヴォルティセ〉
ヴォルティセ | 40度、750ml。

マレモト エスパディン
(アルカウテ蒸留所)

今年のコンテストを総なめにした、
ハンドクラフトの逸品。

メスカルらしいスモーキーさとアロマティックなハーブの香りが共存する奇跡の仕上がり。ロンドン、東京、シンガポールのコンテストで金賞受賞。飲み逃し厳禁。

メスカル〈マレモト エスパディン〉
マレモト エスパディン | 47度、750ml。