Drink

Drink

飲む

町をアツくする酒場界のアイデアマン:佐藤幸二「守備範囲の広さはピカイチ、 立ち止まらないチャレンジャー」

やりたい店は、一つじゃない。料理ジャンルも営業スタイルも多様な店を次々と仕掛けるシェフたちが、近年の酒場シーンを盛り上げている。さまざまな国、地域の食に根ざす店が「酒場」へと間口を広げることで、より広い層に食べて飲む楽しさを伝えている。

Photo: Koh Akazawa / Text: Kei Sasaki

イタリア料理業界でがっちり修業しながら、独立時に選んだのはポルトガル料理。「やるならとことん」な性格で、現地への旅を繰り返し、ポルトガル料理を一気にポップにした。菓子や魚料理に特化した店を出し、ポルトガル道を究めるのかと思いきや、振り幅激しく、惣菜ともんじゃの店を出店。

ポークビンダルー専門店など、プロデュース業でもニッチを突きまくる。出店は富ヶ谷エリアのみ、界隈を盛り上げた立役者でもある。アイデアの炎を燃やし続ける多角化界のドンだ。撮影は〈おそうざいと煎餅もんじゃさとう〉にて。

〈キーマンに聞いた Questions & Answers〉

Q1

平均的な一日のスケジュール。

A1

6:00 起床。家族の朝食を作り、自宅でデスクワーク。
12:00~ ミーティング、社外打ち合わせなど。
17:00~ 〈おそうざいと煎餅もんじゃさとう〉で営業。
24:00 帰宅。
翌3:00 就寝。

Q2

新しい店のアイデアの源泉。

A2

書物と経験で得た知識すべて。あとノリ。

Q3

好きな酒場・憧れの酒場。

A3

駒場〈そば処福島屋〉。

Q4

次の店の構想。

A4

ラーメン店。

Q5

今、興味を持っていること。

A5

植物、石鹸作り。

佐藤幸二さん

直営店】
クリスチアノ(2010)代々木公園
ナタ・デ・クリスチアノ(2013)
マル・デ・クリスチアノ(2014)
おそうざいと煎餅もんじゃさとう(2017)代々木公園

プロデュース店】
ポークビンダルー食べる副大統領(2019)
貴族と平民(2019)