Live

〈Kolonihave〉代表・大谷浩輔が語る照明。インダストリアルランプ

部屋に一つあるだけで、空間の印象をがらっと変えるのが照明器具。気になるものはたくさんあるけれど、実際に選ぶと意外に難しいアイテムでもあります。今回「居住空間学2022」で取材した部屋には、こんな素敵な照明がありました。空間をディテールから観察する、もう一つの居住空間学です。

photo: Taro Hirano / text: Tami Okano

L型アーム+Aシェードの
インダストリアルランプ

玄関に選んだ、ホーローの工業用ランプとエジソン電球。

「北海道では住宅の屋外照明としてよく使われている“定番”。もともとは工場や倉庫などの施設用照明として作られたものなので、レンガ倉庫を改修した家の入口にも似合うと思って」。

素材は鋼板ホーロー。アームとシェードの組み合わせはいくつかのバリエーションの中から選ぶことができ、大谷家はL型アーム+直径28㎝のひらべったいAシェード。「玄関は温かみのある光がいい」と、フィラメントがレトロな雰囲気のエジソン電球を付けた。

大谷浩輔さん宅はBRUTUS No.961 『居住空間学 2022』でも紹介しています。