Read

Read

読む

兼近大樹(EXIT)が語る、わたしの百読本「ブラマヨ吉田さんの笑いの答え合わせをする」

初めての小説『むき出し』が話題の兼近大樹さん。チャラ男キャラで知られるが、意外にも読書好き。芸人になってから読んだ同業者のエッセイの中でも、先輩であるブラックマヨネーズ・吉田敬さんの本をよく開くという。

Photo: Kazuharu Igarashi / Text: Asuka Ochi / Styling: Sayuri Yahaba / Hair&make: Maaya Togashi (Ari·gate)

「レギュラー番組が一緒になったので、吉田さんの本を読み直したいなと思っていたら、新しくこれが出ていたので買ったんです。そしたらもう、オモロくて。前作エッセイからの10年間の間にたぶんいろんなことがあったからか、面白さも文章力もすげぇ育ってるなと感じましたね。先輩ですけど(笑)、これはエグいぞと。

実は吉田さんのことめちゃくちゃ好きなんですが、あの人のキャラ的にも好き好き言いにくいんですよ。陰気な感じがして(笑)」

『黒いマヨネーズ』

共演する『ホンマでっか⁉TV』では、横並びに座ってその姿を見ている。この本には、そんな兼近さんならではの特殊な再読の楽しみ方があった。

「吉田さんってエッセイで書いたキラーワードを、番組でも使ったりするんです。だから、“あ、これなんか知ってる!”ってワードが出てきたら、帰ってから本を開いて答え合わせしています。ちょっとニュアンスわかりやすく話してますやん!みたいに(笑)」

お笑い芸人・兼近大樹

本に惹かれる理由は、「笑い」と直結している。ただ、「共感するところは意外とないかな」と、兼近さん。

「日頃から自分をさらけ出している人だから、本の中でもやっぱり、今の時代にそぐわないこともバンバン書く。でもこの人だから、成立しているというか。コイツ変なこと言ってるわ、そんなわけないじゃん、と思って読んでます(笑)。

吉田さんの本には“怒り”が多い。笑わせてやるぜ、ってサービスじゃない気がするんですよ。本当はそうだったとしても、そこが透けていないのが、強くてオモロいんですよね」

中でも印象に残ったのは、長く同居していた祖母に名前を忘れられ、泣きながらブチ切れて以来、疎遠になってしまったエピソードだという。祖母がそれを気にしながら死んでいったことを、吉田さんは後に知る。

「面白さと感動のいい感じの喜劇。これが作り話でないのが刺さりましたね。ところで前に何かの番組で、俺はしゃべらなくても番組が盛り上がってたら振られるまで前に出ずに終わることがあるって話したことがあったんですが、その時に吉田さんがめちゃくちゃ頷きながら“わかるわ〜”って言ってて。

あんだけオモロいことバンバン差し込んどいてわかるんかい!と。どれだけオモロいことを秘めて我慢してるのか、底知れなさに震え上がりました」

このエッセイには、そんな底知れない「オモロさ」が、より深く、細かく、叩きつけられているのかもしれない。

「俺がエッセイを書くとしたら、『ピンクのケチャップ』ですかね(笑)。でも、この本読むとオモロすぎてやる気が失せるんだよなぁ〜(笑)」