Drink

Drink

飲む

銀座〈リカーマウンテン 銀座777〉千駄木〈伊勢五本店〉ハードリカーを教えてくれる酒屋 vol.5

「ハードリカーに興味はあるけど、何を買ったらいいかわからない」。そんな人にオススメしたい、ハードリカーを教えてくれる酒屋。

Photo: Jun Nakagawa, Junzo Hongo, Kazuhiro Tsushima / Text: Ryota Mukai / Edit: Kaz Yuzawa

リカーマウンテン 銀座777(東京/銀座)

カジュアルにハードリカーに触れるなら。

その名の通り、銀座の7丁目7番地7号にある酒屋。2018年に開店して以来、昼は街を楽しむ老若男女、夜は飲食店で働く従業員が行き交っている。

銀座〈リカーマウンテン  座777〉店内
下段にはキャンベルタウンのスコッチの一つ、「グレンスコシア」がずらり。モルトの塩味とほのかな甘味がある。2021年限定ボトルも。

「世界各国の人が来店する、銀座らしい賑わいがあるお店です」と、オープン当初から店長を務める新美剛志さん。
ウイスキープロフェッショナルのほか、ラムやシードルの認定資格も持つ、リカーマウンテンの若きエースだ。1,000種類ほどのボトルが有料試飲できる。

伊勢五本店(東京・千駄木)

一途に付き合い続けられる焼酎を一本。

1706年創業の老舗の酒屋には、飲食店に勤めるツウたちも通う。先人が築いた蔵元との信頼関係を引き継いでいるからこその、充実した焼酎のラインナップだ。

千駄木〈伊勢五本店〉店内
お店を入ってすぐ右手の棚の最上段には、主にその時期に発売されている期間限定の焼酎が並ぶ。伊勢五本店のオリジナル焼酎も。

「私たちが長年蔵元さんと良い関係を保っているのと同じように、焼酎好きには一途な人が多いんです。だから一升瓶を買う方が少なくありません」と長谷部匠平さんに聞いて、焼酎好きの気風に感心。

パワフルな味わいの鹿児島か、繊細な甘さがある宮崎か。試飲しながらじっくり考えたい。