Eat

Eat

食べる

グルマン温故知新:豪徳寺〈yerîte〉昼は焼き菓子、夜は料理とナチュラルワインを

テーマごとにレストランを紹介するブルータスの人気連載。今回は一つの料理や食材への並々ならぬ愛情で、マニアックな専門店を作り上げてしまったお店。愛の強さ=味わいに比例する!遊び心溢れるメニューを堪能せよ。

Photo: Yoichiro Kikuchi / Text: Haruka Koshihara

連載一覧へ

yerîte(豪徳寺)

昼は焼き菓子、夜は料理とナチュラルワインを。

東急世田谷線の踏切のそばにある小さな店は、昼間はショーケースのないお菓子屋さん、夜はビストロになる二毛作店だ。

店主の藤井唯さんは、レストランのパティシエ、出張料理人などを経て、オーナーパティシエとしてお菓子を担当する。シェフの石飛輝久さんとの出会いは、互いに1年間のワーキングホリデーでフランスに滞在していた時。石飛さんが働いていたサヴォワのレストラン〈レ・モレニエール〉を訪れたことがきっかけだ。

帰国後、独立を考えた際に「この物件の広さならレストランもした方がいいと思い、石飛さんのビストロと自分のお菓子の店を一緒にできたら」と、神戸で働いていた石飛さんに相談。見事、形になった。

「肉×魚介、フルーツやハーブの使い方など、身近な素材に工夫を加えつつシンプルに仕上げたい」という石飛さんの料理は、穏やかな味わいが魅力。丁寧に焼き上げた藤井さんのお菓子と、相通ずるものが感じられる。

豪徳寺〈yerîte〉シェフの石飛輝久さん(左)とオーナーパティシエの藤井唯さん
石飛さん(左)と藤井さん。制服はチャコールグレー。
豪徳寺〈yerîte〉店内
店内にはお菓子に込めたストーリーを表現した写真が展示されている。

連載一覧へ