Eat

Eat

食べる

グルマン温故知新:田原町〈French Restaurant Pâtisserie ensia.〉王道フレンチを下町に溶け込むスタイルで

テーマごとにレストランを紹介するブルータスの人気連載。今回は一つの料理や食材への並々ならぬ愛情で、マニアックな専門店を作り上げてしまったお店。愛の強さ=味わいに比例する!遊び心溢れるメニューを堪能せよ。

Photo: Yoichiro Kikuchi / Text: Haruka Koshihara

連載一覧へ

French Restaurant Pâtisserie ensia.(田原町)

王道フレンチを下町に溶け込むスタイルで。

店構えは、完全にパティスリー。ショーケースにはケーキ、棚には焼き菓子が並んでいる。が、奥に歩みを進めるとベテランシェフが腕を振るうカウンターフレンチが現れる。

シャツとエプロン姿で腕を振るうオーナーシェフの鈴木剛志さんは、フレンチの料理人として30年以上のキャリアを持ち、神楽坂〈ラリアンス〉では総料理長を10年務めた。前々から抱いていた「50代になったら自身の店を」という目標を実現し、2021年の8月に独立。前の職場で15年以上一緒に働いたパティシエの中田和孝さんとタッグを組み、雷門に程近い、浅草の落ち着いた一角に店を開いた。

全6品のディナーコースは、ブイヤベース、詰め物をしたウズラのローストといったオーソドックスなフランス料理をベースに、盛り付け方や食用花などの付け合わせで華やかさをプラス。パティスリーも、シュークリームやレアチーズなど定番のケーキを愛らしく仕上げている。

田原町〈フレンチレストラン パティスリー エンシア〉オーナーシェフの鈴木剛志さん(左)とパティシエの中田和孝さん
鈴木さん(左)と中田さんは気心の知れた間柄。
田原町〈フレンチレストラン パティスリー エンシア〉店内
カウンターは広々。カトラリー類は、引き出しから自分で取り出すスタイル。

連載一覧へ