Eat

Eat

食べる

グルマン温故知新:新中野〈香記豚記〉香港の魅惑の街角喫茶が突如、中野に出現

テーマごとにレストランを紹介するブルータスの人気連載。今回は一つの料理や食材への並々ならぬ愛情で、マニアックな専門店を作り上げてしまったお店。愛の強さ=味わいに比例する!遊び心溢れるメニューを堪能せよ。

photo: Shinichi Yokoyama / text: Noriko Watanabe

連載一覧へ

香記豚記(新中野)

香港の魅惑の街角喫茶が突如、中野に出現

このイカシタ店名がすべて物語る。伝説のロックバンドかよ。

台湾のストリートフードとナチュラルワインで一躍、大人気店となった江戸川橋〈フジコミュニケーション〉。創業したのは、高校の同級生である齋藤翼さんと近藤喬哉さんだ。続けて白山にオープンした〈オルソー〉も、またまた行列のできる大人気店に。そして3軒目。先の2軒のおかげか、ちまたには台湾フードがあふれ出た。今度は、香港スタイルで。

まず、扉に書かれた漢字にそそられる。店名横の「瘋狂愛您」はクレイジーアイラブユーの意とか。扉を開けると、香港映画の一シーンのようなインテリアにグッとくる。チーフマネージャーの小足聖一郎さんのイチオシは港式蜜汁叉焼(ハニーローストチャーシュー)。

「ワインにも合いますが、ぜひバーボンと味わってみてください」。ドリンク類は冷蔵庫から取るシステム。揚げ海老ワンタン、油菜など、つまみ系も充実する。

新中野〈香記豚記〉オーナーの齋藤翼さん。
鍋を振るのはオーナーの齋藤翼さん。一品ずつ丁寧に、手早く作っていく。
新中野〈香記豚記〉店内
まるでカフェのような店内。色鮮やかでポップ。

連載一覧へ