Eat

Eat

食べる

グルマン温故知新:学芸大学〈好香味坊〉小さな店内に広東風味がギュギュッと凝縮

テーマごとにレストランを紹介するブルータスの人気連載。今回は一つの料理や食材への並々ならぬ愛情で、マニアックな専門店を作り上げてしまったお店。愛の強さ=味わいに比例する!遊び心溢れるメニューを堪能せよ。

photo: Shin-ichi Yokoyama / text: Noriko Watanabe

連載一覧へ

好香味坊(学芸大学)

小さな店内に広東風味がギュギュッと凝縮

学芸大学駅の高架下が、何やらにぎやかだ。韓国屋台もあれば、おむすび屋にイタリアン、ワインバーと、食いしん坊横丁の様相。その一角にあるのが〈好香味坊〉だ。中国東北料理で知られる味坊集団の新店、今回は広東フードで迫ってます。

屋台のような店内は超コンパクト。匂いは、まんま現地。キッチン内に飛び交う中国語を聞いているとワクワクしてくる。セントラルキッチンからやってくるチャーシューなどの焼き物もあれば、シュウマイや牛肉団子蒸しといった蒸し物、揚げ物、麺飯類と幅広い。味坊集団だからこその充実のラインナップだ。

干し豆腐和えとか、セロリと落花生とか、きゅうりガーリックといった、小さなおつまみもあり。まずは一杯ってときによさそう。立ち飲み感覚で、サクッと飲むのにも最適。ちょい飲み、ちょい食べとか、帰りがけのテイクアウトとかにも大いに活用したい。お値段もかわいらしいから、気楽に行きましょ。

学芸大学〈好香味坊〉料理長の潘明さん
黙々と料理を作り続ける潘料理長。
学芸大学〈好香味坊〉店内
2人掛けのプチテーブルが壁際に。じっくり腰を落ち着けて、というより、短期決戦型。

連載一覧へ