Eat

Eat

食べる

青森〈甘精堂本店〉"じゃない方"のあんこ菓子。地元の名産を使った類を見ない創作菓子

年中手に入る、有名店の“じゃない方”と看板メニュー。

Photo: Wataru Kitao, Natsumi Kakuto, Keiko Nakajima / Food: Mika Ninomiya, Namie Omi / Text: Mae Kakizaki

連載一覧へ

甘精堂本店(青森市/青森県)

地元の名産を使った類を見ない創作菓子。

創業明治24(1891)年の青森市内でも老舗の和菓子店。名物は、明治20年代後半に考案された昆布羊羹。今なお看板商品として愛され続ける秘密は、たゆまぬ努力にある。

独自の製法で昆布を粉末状にし、煎りながら白あんなどと練り込んでいくことで、昆布の生臭さを感じさせない仕上がりに。一口食べれば甘さの後に、ほのかに潮の香りが広がる。

明日成はリンゴ入りの白あんをカステラで包み、羊羹でコーティングした菓子。餡には、マーマレードやレーズンを隠し味にプラスし、一口で様々な味わいが楽しめるようになっている。

じゃない方

青森〈甘精堂本店〉明日成
明日成(あすなろ)/名前の由来は、青森県の県木に制定されているヒバの木の別称から。隠し味に使用されているマーマレードやレーズンは、ヒバの香ばしさを表現する役割も持つ。1個¥180。

看板菓子

青森〈甘精堂本店〉昆布羊羹
昆布羊羹/創業当時、津軽海峡湾内で昆布が豊富に採れたことから、その昆布を使ったお菓子を考案したのがきっかけ。現在は、北海道日高産の昆布を使用している。1棹(300g)¥1,160。

連載一覧へ