「e-Bike」タイプ別バイヤーズガイド 11選〜前編〜

e-Bikeは次なるフェーズに突入!街乗り用のクロスバイクから本格的なダート走行も可能なグラベルバイク、配達にも使えるカーゴバイク……タイプ別に厳選した11モデルをご紹介。相棒となる一台を見つけて、走りだけでなく、スタイルまでアシストしてもらおう。

Photo: Satoshi Nagare / Text: Takehiro Kikuchi

身長150〜190㎝でシェア可能な
ユーティリティプレーヤー

〈tern〉model: HSD P9 | type: Mini Velo(¥289,000*本体のみ)

ハンドリングに優れたミニベロで知られる〈tern〉が作ったe-Bike。車輪径は20インチ、バッテリーを車体中央に配置するなど、走りにこだわる設計となっている。前後のキャリアなどオプションも豊富だ。ハンドルを折り畳み、サドルを下げればクルマにも簡単に積載できる。

tern

パワフル&スムーズな乗り味と
長距離のアシスト走行が魅力

〈GIANT〉model: ESCAPE RX-E+ | type: Cross Bike(¥280,000)

世界最大の自転車メーカー〈ジャイアント〉が日本市場に初めて投入したe-Bike。スムーズかつパワフルなトルク制御で乗りやすいヤマハ製のユニットを搭載し、誰にでも扱いやすい。フレームとバッテリーを一体化したシームレスなデザインで、エコモードでは225㎞の長距離アシストを実現。女性用モデルも。

GIANT

日々の足として活躍
乗降性にも優れた力持ち

〈TREK〉model: Allant+8 Stagger | type: Cross Bike(¥430,000)

通勤などモビリティのツールとして登場した新モデル。トップチューブが下がっていて乗降が容易なスローピングデザインを採用。パワーユニットは世界最大シェアを誇るボッシュ製で最大トルクは75N・m。バッテリーは脱着可能で充電しやすい。暗い場所でも十分に視界を確保するライトが標準装備。

TREK

小型パワーユニットを搭載
e-Bikeには見えないスマートさ

〈SPECIALIZED〉model: CREO SL COMP CARBON | type: Road Bike(¥737,000)

プロ選手用機材と同じ最高級カーボンを用いたフレームにオリジナルのパワーユニットを搭載しレース等にも参加する“ガチ”ライダーからも人気。車重が軽く、取り回しの軽快さはe-Bikeというよりもロードバイクのよう。アシストによる走行可能距離は130㎞で、オプションを使えば195㎞も可能。

SPECIALIZED

マニアックなフレームワークと
美しい溶接が光る

〈TOYO〉model: E-CRUISER”AEC” | type: Beach Cruiser(¥450,000)

世界の有力ブランドを支えてきた〈TOYO〉が、新しく提案する遊びの詰まったモデル。モーターサイクル風のダブルクレードル構造や、チェーンステーを短くできるパワーユニット〈シマノ〉STePS DU-E8080を選択。ビーチクルーザーながら、走行性能には妥協を許さないマニアックな一台。

TOYO E-CRUISER"AEC"