Feel

4月24日〜4月30日の運勢。日常をちょっと良くするコツ【ブルータス週間占い】

占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。毎週月曜8時更新。

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

連載一覧へ

今週の全体の空模様
スローステップで踊ろう

「牛がインドの神ののりものであるのは、まさしくこの「おそさ」のゆえではないのかと思う。インドでは「速いもの」はあまり尊敬されない。五十六億七千万年とか三百十一兆四百億年などというようなとほうもないスケールですぐにものごとを考えてしまうひとたちにとって、〈広い宇宙をそんなに急いでどこへゆく〉というわけだ。」
──真木悠介『うつくしい道をしずかに歩く 真木悠介 小品集』

今週は牡牛座エリアを運行する太陽に、土星が調和的なコンタクトを取ります。各星座はそれぞれの「時間感覚」を持ちますが、中でもスローペースなのがこの牡牛座です。

牡牛座には「着実にものごとを進める」というエッセンスがあります。そのイメージの原型は、古代バビロニアの、春の開墾で犂をひく牡牛の姿に遡ることができます。

焦って先に進めるよりも、しっかりと土を掘り起こし、豊な土壌をつくることの大切さが見えてきます。

一方、土星は魚座エリアから太陽に繋がります。

魚座的な時間とは「魂の世界」を流れているもので、人間が地上で作った「時間」というルールを超越し、時空の境目を溶かしていくイメージです。時を数字で区切ることをせず、無限の未来まで続く魂の世界です。

土星は「時間」「規則」を司る天体なので、土星魚座運行期は、魚座特有のこの感覚をいかに地上に落とし込んでいくかがテーマになります。

今週はこれらの星の配置によって、「急がば回れ」、速さよりも着実さを優先したいモードに。そして狭い時間に囚われている感覚から解放されて、じっくりと長考する意義に気づけそうです。

また、火星(意欲・勇気)と水星(知性・言葉)・天王星(改革・刷新)の調和的な繋がりによって、自分の意見をはっきりと言える力が湧いてくるかも。過去のデータや経験をもとにした、説得力あるプレゼンができるでしょう。

牡羊座(3月21日~4月19日生まれ

落ち着いて進む

忙しい中でも一度立ち止まれそう。自分のできること、これからやっていきたいことを見つめてみましょう。

経済面の長期的計画を立てるにも良い週です。

牡牛座(4月20日~5月20日生まれ

自分らしさを愛する

牡牛座らしいペースで関係を進められるような出会いがありそう。

ゆっくりと気持ちを伝えることも一つのコミュニケーション。誠意や丁寧さを大事にしていきましょう。

双子座(5月21日~6月21日生まれ

傾聴する胆力

腰を据えて対応すること、テンポの遅いものに合わせることが求められます。

それを体得することで、物事を掘り下げる力がつき、人の話をじっくりと聴くことも得意になります。

〈TOKYO DESIGN STUDIO New Balance〉を着る中村圭佑が、亀有で始めた新たな場づくりとは

〈TOKYO DESIGN STUDIO New Balance〉を着る中村圭佑が、亀有で始めた新たな場づくりとは

着る / PR

蟹座(6月22日~7月22日生まれ

経験を参考に

過去に自分が経験したことが誰かの役に立つ場面があったり、逆に友人の経験が良いアドバイスとして自分を助けてくれたりしそうです。

専門知識を増やす学びに本腰が入るとき。

獅子座(7月23日~8月22日生まれ

魂を刻む仕事

今週は、やりがいを感じる仕事と縁ができるかもしれません。もしくは、長い時間をかけてじっくりと取り組むプロジェクトに参加することになるかも。

乙女座(8月23日~9月22日生まれ

あえてゆっくり

物事をじっくり観察することで、「わからない」ことの中にこそある“豊かさ”を学ぶことができます。

曖昧さをそのまま受容する能力、ネガティブケイパビリティの習得を。

旬の素材が共鳴。ジャパニーズクラフトジン ROKU〈六〉と繊細な和食のペアリングを

旬の素材が共鳴。ジャパニーズクラフトジン ROKU〈六〉と繊細な和食のペアリングを

飲む / PR

天秤座(9月23日~10月23日生まれ

スキルアップ!

「言語化されていない心の声」を学ぶことになる出来事が起きるかもしれません。

視点の切り替えをしていくことで、対人スキルを鍛えられる週になります。

蠍座(10月24日~11月22日生まれ

愛は急がず

自分という人間を理解してもらい、受け止めてもらえると、自分も相手を尊重して受け入れることができるようになります。

焦らずに相手の話に耳を傾け、その人のことを知っていくこと。

射手座(11月23日~12月21日生まれ

柔らかな包帯のように

今週のテーマは「ケア係」。カラッとした励ましではなく、共感や情緒的な寄り添いが必要となりそうです。

時間をかけて傾聴すること。

【碧Ao meets JAZZ】サックス奏者・馬場智章が語る、ウイスキーとジャズの共鳴

【碧Ao meets JAZZ】サックス奏者・馬場智章が語る、ウイスキーとジャズの共鳴

飲む / PR

山羊座(12月22日~1月19日生まれ

リフレクション

「相手を知ることで自分自身への理解がすすむ」。相手の気持ち、声を聞いているうちに、自分の意見や気持ちが明確になりそうです。

互いに良い鏡となり学び合える好機です。

水瓶座(1月20日~2月18日生まれ

大地に触れる

家の中の物や、庭や畑の手入れなどに時間を使うと良いでしょう。牡牛座エリアに太陽が運行いる期間は、特に園芸に良い時期です。

地に足のついた生活を心掛けることが大事なタイミングです。

魚座(2月19日~3月20日生まれ

こだわりは愛

心穏やかに長く続く信頼関係を築くとしたらそれはどんな相手か考えてみましょう。

日頃意識していない、「好きなタイプ・苦手なタイプ」を手帳に書き出してみるのも良いでしょう。

旬の素材が共鳴。ジャパニーズクラフトジン ROKU〈六〉と繊細な和食のペアリングを

旬の素材が共鳴。ジャパニーズクラフトジン ROKU〈六〉と繊細な和食のペアリングを

飲む / PR

連載一覧へ