Cook

週末の酒がうまい、BRUTUSの聞くレシピ Vol.2 白ワインで過ごすクリスマス「ベーコンチキンポテトグラタン」

最近、周りに料理上手な友達が増えてきた。どこの料理人から教わったのか、ちょっとしたひと手間で、ゲストを喜ばせたりして、なんだか羨ましい。自慢の一品をサラッと作れるスキルがあれば、週末の酒はもっとおいしくなるはずだ。気負わず簡単に作れる、とっておきのレシピを教えてくれるのは、料理家で〈and recipe〉主宰・山田英季さん。さて、今回のメニューは……。前回の「舞茸フライとタルタルソース」も読む。

Photo&Text&Recipe: Hidesue Yamada

連載一覧へ

12月ですね。いかがお過ごしでしょうか?今年を振り返るなんてことは、もう少し後にして、せわしなく過ごしている〈and recipe〉の山田です。それでも、クリスマスなんていうハッピーなイベントがあるので、その日だけは仕事を忘れ、楽しく過ごしたいと思うわけです。

さて、そんなハッピーなイベント“クリスマス”に、白ワインを傾けながら食べたい「ベーコンチキンポテトグラタン」のお話です。ポッドキャストでは、ゲストにスタイリストの喜多尾祥之さんが登場。料理の雑学や、簡単で目からウロコのテクニック盛りだくさんでお届けします。

ポッドキャストで作り方を聞く

まずは出来上がりをイメージ。

まずは、香ばしく焼き色のついたチーズの下から、湯気をあげて現れるチキンのホワイトソース、その下に控えるのは、ホクホクのじゃがいも、それを、フォークですくい上げ、いっぺんに口の中に放り込み、”ほふほふ”と言いながら、白ワインのグラスを口に近づける。そんな自分をしっかりとイメージします。

そうです。料理には、やる気が必要です。

じゃがいもは電子レンジでホクホクに。

心の準備ができたところで、いざキッチンに立ち、包丁をにぎります。鶏肉は、火が通りづらいので、小さめのひとくち大に切ります。玉ねぎとじゃがいもは薄切りにします。切るものが多いのは面倒なので、クリスマスを楽しむためにこれだけにします。

じゃがいもを耐熱ボウルに入れて、分量外の水を大さじ3程度まわしかけ、ラップをして、600Wの電子レンジで8分ほど“チン”します。これでホクホクのじゃがいもが完成です。

ホワイトソースだって簡単に手作り。

舞台は電子レンジからコンロへと移ります。フライパンでバターを温め、鶏肉と玉ねぎを入れて、玉ねぎがきつね色になる程度まで炒めます。

そこへ小麦粉を入れ、弱火で焦げないように炒めたら、塩、白こしょう、ナツメグ、白ワインを入れて、アルコールを飛ばします。休むことなく牛乳を少しずつ加え、その都度よく混ぜ、ダマを作らないようにします。

本来、ホワイトソースは別の鍋で作った方が、ダマになりにくい。だがしかし、朗報です。これぐらいの量ならダマになっても気にならない。こんな鈍感な自分がこのときばかりは好きになります。適度にサボらないと、本番前に疲れてしますからね。

仕上げはトースターで火入れ。

トースター_調理

さて、仕上げです。グラタン皿に、じゃがいもを並べ、ホワイトソースをかけて、ベーコンスライスを重ねます。僕は、このベーコンを切らずにそのままいく感じが、たまらなくプロっぽく、料理の工程としては好きな部類です。まぁ、一応プロなのですが。

話を戻し、ベーコンの上に、シュレッドチーズと粉チーズをたっぷりかけて、トースターで、チーズに焼き色がつくまで焼き上げます。あとは、想像したとおりに、熱々のグラタンを頬張って、白ワインをグビグビといくわけです。

今日は、白ワインで過ごすクリスマス「ベーコンチキンポテトグラタン」でした。

クリスマスディナー_ポテトグラタン

連載一覧へ