Drink

Drink

飲む

台湾最新トピック「クラフトビール」編。世界の超新星〈酉鬼啤酒 UGLY HALF BEER〉

台湾へ旅行に行くならぜひチェックしたい最新トピックを紹介!アートなホテルや映画館、お土産選びに嬉しいアイテムまで。

photo: Teikoukei / text: Koji Okano / coordination: Machiko Suzuki

海外のビール競技会で多数の賞に輝く、台湾クラフトビール界の超新星

ここ数年の国際ビアコンペティションにて頭角を現す、台湾クラフトビール。東京にも台北発〈臺虎精釀 Taihu Brewing〉のタップルームが開業して人気を博すなど、その実力は世界に認知される。そんな台湾のビール業界の若手注目株が〈酉鬼啤酒 UGLY HALF BEER〉。

2019年に創業するや、次々と海外の競技会でアワードを獲得し、台湾だけでなく、香港やシンガポールにも輸出される。高評価を得る撥雲霧見蓬萊仙島 Hazy IPAは、ニュージーランドとアメリカ産ホップの特徴を生かしたフルーティな飲み口のビール。

戀夏365日 Saisonは爽やかな口当たりで、暑い台北で喉を潤すのに最適な一本だ。話題のイラストレーターとコラボしたラベルも評判で、コアなビアファン以外からも人気を得ている。

台湾〈酉鬼啤酒〉オリジナルのクラフトビール
左/戀夏365日 Saison 130元。スパイスのニュアンスも感じられる。中/撥雲霧見蓬萊仙島 Hazy IPA 150元。フルーティな風味で、ホップの香りも華やか。右/吐司去(掉的)邊大冰紅140元。朝食店で余ったパンの耳を再利用したラガービール。コク深い味わい。*タップルームでの価格。