Eat

Eat

食べる

根本宗子のあまい東京記:〈銀座アスター〉の「マンゴープリン」。都内各地でマンゴーチャージ

根本宗子が思い出のスイーツを綴る連載。前回の「根本宗子のあまい東京記:〈ざくろ〉の “吉野紅梅”」を読む。

illustration: Michiko Furutani / edit: Emi Fukushima

連載一覧へ

第7回〈銀座アスター〉の「マンゴープリン」

〈銀座アスター〉の「マンゴープリン」

1926年に創業した中華料理の人気店〈銀座アスター〉の定番スイーツ。単品でのオーダーも可能。1,000円
※取り扱いの有無や値段は店舗によって異なります(新宿賓館 TEL:03-3351-4351)。

新宿でも銀座でも
都内各地でマンゴーチャージ

中華が大好き。正確には私はお酢が大好きなので、お酢の味を一番おいしく味わうために中華が好きという説も自分の中には存在している。いろいろな中華料理に信じられないくらいの量のお酢をかけて食べる話はまた別の機会にしたいのだが、中華はデザートも大好きで。ココナッツタピオカ、杏仁豆腐、胡麻団子……メニューの中にあるすべてがおいしそうで、中華料理のデザート選びはいつも優柔不断になってしまいます。


その中でもずっと選んでこなかったのがマンゴープリンなんですよ。実は全然興味がなくって。でも今年仕事に疲れ切って一人で入った〈銀座アスター〉でなんとなくマンゴーの味を欲して頼んだら信じられないくらいおいしくって元気になったんです。濃厚さ、舌触り、涼しさ、などが円グラフにした時に完璧に綺麗な円になっていてびっくりして。上に添えてあるクリームもめちゃくちゃちょうどよくて。〈銀座アスター〉は都内のいろんな場所にあるじゃないですか。

店ごとに少しメニューは違うんですけどデザートはもちろんすべてのメニューが信頼の味。どこで仕事が終わってクタクタでも待っていてくれる安心感が大好きです。

連載一覧へ