Eat

自分史上最多ごはん:〈東華飯店〉の「ロースライス」

自分史上最多ごはん。それは文字通り、これまでの人生で、最もたくさん食した料理のこと。食通が繰り返し食べずにはいられない偏愛メニューとは?前回の〈串の坊東京銀座本店〉の「子持ち昆布の串揚げ」も読む。

Text: Haruka Koishihara

連載一覧へ

樋口真嗣さんの自分史上最多ごはん

日本のショービジネスを半世紀
支えてきた絶滅危惧種の一皿

東宝撮影所にいる時には週2〜3回食べるロースライスは、多くの撮影関係者を魅了してきたソウルフードです。

カレーの風味がかすかに漂い濃密な味つけの揚げロースに、さっぱりとした青菜炒め、それぞれのエキスを含んだ脂が絡まった白飯。シンプルでありシンプルゆえに色褪せない“三位一体”は、初めて食べた当時、貧相な学食生活者だった自分にとって、それまで体験したことがない旨さでした。

東宝撮影所では14本の作品に参加しており、準備期間と仕上げで26週間。週3回として78回×14本……、少なく見積もっても1,092回食べてる!

連載一覧へ