Talk

Talk

語る

箭内道彦、エリイ、大根仁「おなやみ相談室」:小心者の自分を変えたい

クリエイティブディレクターの箭内道彦、Chim↑Pom from Smappa!Groupのエリイ、映画監督の大根仁が読者のお悩みに答える連載の第231回。見事に三者三様な回答をぜひご覧ください。お悩み相談も随時受付中。前回の「呆れる彼氏」も読む。

illustration: sigo_kun / edit: Asuka Ochi

連載一覧へ

美容室で髪を切った後、鏡を見せられますよね。ちょっと色のイメージが違ったなとか、もう少し短く切ってほしいと思うことも多いのですが、すごく言いづらい……。大丈夫でなくても大丈夫と、つい言ってしまいます。日常でそういうシーンって意外と多いもの。小心者の自分を変えるアドバイスをください!(イラストレーター/33歳/男)

sigo_kun

箭内道彦

美容室の鏡の中の自分と目を合わすことも好きでない自分は「信頼する美容師に任せたのだからどんな仕上がりでもすべてOK」と決めてから気が楽になりました。切りすぎと感じても「バッチリです」と答える。整体師さんに「肩、軽くなったでしょ!」と言われれば、なってなくとも「あ、ほんとだ!」と驚く。ピンとこない味でもカウンターの料理人には「流石です」と返す。自分はそれでいい。余計なモヤモヤが心に芽生える方が面倒。加えて自身の小さな経験則内から出る「イメージ通り」は退屈で突破を生みません。

エリイ

美容室は中でもハードル高いと思う!まず、マンツーマンで時を共に過ごす中で、その人のパーソナリティとか日常生活とか会話で知っていくため、最後に「いい感じですね〜!」って笑顔で言われると、この人お昼ご飯いつ食べれたんだろうとか思って、そうですね、みたいな感じになる。中学生くらいの時、短く切りすぎたか私が、涙が流れたことがあって、切ってくれた人の顔を今でもたまに思い出してなんか申し訳なかったなとか思う。でも色とか今後のためにも伝えた方がいいし、小心者というよりは格好つけてるのかも。

大根 仁

あれは確か30歳になる直前のことでした。ふと「オレは男のくせになんで美容室に行っているんだ?」と疑問が湧き、男は黙って丸刈り!とクールポコ。よろしく、そのままヨドバシでバリカンを購入。以来、セルフ散髪で24年間丸刈りで過ごしてきました。美容室のオシャレな雰囲気も、鏡を見せられて「いかがですか?」とか聞かれるのも本当はウザくて仕方がなかった。最近はメンズ美容室なんてのもあるようですが、それこそ「やっちまったなあ!」ですよ。アドバイス?YouTubeでクールポコ。のネタを観ましょう。

クリードの香水アバントゥース

テーラーと英国王室の関係から始まる意外な歴史。世界が熱狂する〈クリード〉の香水「アバントゥス」

整える / PR

連載一覧へ