机は、聖域

「机は、聖域」の表紙
「机は、聖域」の表紙

My Desk, My Sanctuary

No.977 2023年1月12日 840円

リモートワークも増えて、オフィスのあり方も変わってきました。フリーアドレス化で自分の居場所がない、という話も聞こえてきたりします。けれど、ものを創るための拠点、仕事場の価値は何も失われていません。創造のための工房、アトリエ。その中心にある机はやはり、誰にも邪魔されない自分だけの領域であり、創作が生まれる特別な場所。だから今回は特集「机は、聖域」。幾つもの仕事場へ、その実例を訪ねてみます。
今すぐこの号を買う

「机は、聖域」
クリエイターたちの創造の現場を訪ねて、その核となる机を見せてもらいます。

「机は、聖域」
クリエイターたちの創造の現場を訪ねて、その核となる机を見せてもらいます。

「私の机」
黒田征太郎、榊智子、西沢立衛、小畑多丘。4人のクリエイターの机と仕事場。

「私の机」
黒田征太郎、榊智子、西沢立衛、小畑多丘。4人のクリエイターの机と仕事場。

「描く人の机」
江口寿史、五十嵐大介。人気漫画家が最も長い時間を過ごす、机の話。

「描く人の机」
江口寿史、五十嵐大介。人気漫画家が最も長い時間を過ごす、机の話。

「アート&デザインの机と仕事場」
トーマス・デマンド、サンラザール、パトリック・ブラン。海外のアート&デザインの現場。

「アート&デザインの机と仕事場」
トーマス・デマンド、サンラザール、パトリック・ブラン。海外のアート&デザインの現場。

「いま欲しい机&使い方カタログ」
ワークデスク、システムデスク、デザイナーの名作、そして机に合わせる小物まで。

「いま欲しい机&使い方カタログ」
ワークデスク、システムデスク、デザイナーの名作、そして机に合わせる小物まで。

今すぐこの号を買う
Next Issue No. 978 2023年2月1日 発売
いくつになっても、オムライスやハンバーグにときめくのは、なぜでしょう?次号は、懐かしさに心躍り、体も心も満ち足りる「温もる、洋食」特集。喫茶店、酒場、町の洋食屋さんにレストランまで。日常的に楽しめる存在でありながら、多幸感のあるお皿たち。師匠から受け継がれた店の味と技術、愛情溢れるテーブルを彩った幸せな記憶。味わい深い洋食の物語が満載で、寒い季節に温かさをもたらす一冊です。