Talk

Talk

語る

箭内道彦、エリイ、大根仁「おなやみ相談室」:子供用カレーが許せない

クリエイティブディレクターの箭内道彦、Chim↑Pom(チンポム)のエリイ、映画監督の大根仁が読者のお悩みに答える連載の第200回。見事に三者三様な回答をぜひご覧ください。お悩み相談も随時受付中。前回の「普通すぎてつまらない」も読む。

Illustration: sigo_kun / Edit: Asuka Ochi

嫁に「晩ご飯、何?」と聞くと必ずキレられます。作らせといて、って感じだと思いますが、自分は食べたいものを作れるんだからいいですよねぇ。僕の家はカレーの日は子供用の甘口。イラッとするんですよね。カレーは大人用の辛口と両方用意して!と言いたい。自分で作るのも嫌みになりそうだし、どう思いますか?
(会社員/43歳/男)

子供用カレーが許せない

箭内道彦

僕の友人(カメラマン/食通)は、奥さんと2人の子供(小学生と幼稚園児)と4人暮らし。一日の仕事を終えると家には直帰せず一人で外食をする。寿司とかウナギとか超旨い天ぷらとか。「早く家に帰んなくていいの?」「自分ばっかりそんな豪華で怒られないの?」と聞くと「◯◯ちゃん(奥さんの名)が俺の分の夕食を作る負担を減らしてるんだよ」と。なるほどそういう理屈もあるのか。それはそうと「甘口カレー」は日本にしかない文化なのだと何かで読んだことがあります。懐かしい味がして、嫌いじゃないです。

エリイ

カレーが好きなんですね。自分で作るのは全く嫌味じゃないと思いますよ。後片付けの洗い物もなにもかも勿論きちんとやれば何かの損益は出ないかと。普段からカレーに気持ちを馳せ過ぎて家庭をかえりみてないのであれば、カレーのかおりが家に漂うだけでご家族は憤怒を抑えられないでしょうけれども。自分が食べたいものを食べるために、やはり自分で作ることをオススメします。庭か河原で自炊すると台所もよごさないし、いいのでは。自分の人生なんだから自分で選択して行動して人に文句を言わない、そう生きていく。

大根 仁 

「一家の主にこんな甘いカレーを出しおって!2種類作れ!」。こんな暴言が許されるのは海原雄山くらいでしょう。家庭の平和のためにも、出されたものを粛々と食べることをお勧めしますが、同じ経験があるので気持ちはわかります。男はカレーが好きだし、カレーにこだわりがないヤツって大抵仕事へのこだわりもないですからね(超偏見)。月並みですが味変されてはいかがですか?簡単なのは自分のルーにチリパウダーを入れて少し煮込む。これだけで辛味が増します。GABANのならそこらのスーパーで買えますよ。

中山英之が「グッチ ガーデン アーキタイプ」展を体感。会場を巡るポッドキャストも配信

訪れる / PR