危険な読書

ブルータス No. 884 危険な読書
ブルータス No. 884 危険な読書

危険な読書

2018年12月15日

“世の中には2種類の本しかないという。読まなくてもいい本と、読んでもロクなことにならない本”。「危険」とは本の内容ばかりを言っているのではありません。たとえ悪徳の書であっても、読み方次第では毒にも薬にもならないことも。翻ってどんな本であれ、読み方次第では人生を変えてしまう危険性をはらんでいるとも言える。価値観を転換させる読書案内「危険な読書」シリーズ3冊目となる今号は、毒々しい真っ赤な表紙が目印。ページを開く前の自分にはもう戻れませんので、あしからず。