キーワード

安藤

「よい風景をつくる」ために欠かせないものは何か。中原慎一郎の原点とこれから。

 家具も作るし、住宅や店舗の内装も手がける。展覧会やイベントの監修もする。インテリアショップだけじゃなくて、ベトナム麺食堂も経営し、130社合同の業者向け展示会もまとめる。ランドスケーププロダクツのファウンダー、中原慎一郎の活動は、とても一言では言い表せない。けれど、それらはすべて「よい風景をつくる」ことなのだと、いよいよ明らかにされる展覧会が鹿児島〈霧島アートの森〉で開催されている。

「いろん

人はいつフィリピン料理を食べるのか?

祝日の夜の西荻のとある商店街は、日本海側の町のシャッター街かと思うほど閑散としているうえ、寒風が吹きすさんでおり、土地勘というものに絶望的に見放されている私は、こんな場所にフィリピン料理屋があるのかと心細かったが、その細さが極細になるほど歩いた先に「ATE」はポツンとあった。

今回、社長とママと私は、フィリピン料理をくらうのである。食らうと決めてからふと思ったのだが、人はどんなときに「さあ、フィ

大仏、モアイ、ストーンヘンジ。 ANDOファンの外国人観光客の聖地が 南区の山腹にある⁉

地下鉄南北線の南の終点・真駒内駅を出ると、札幌五輪公式時計の時計塔の隣にタクシー乗り場がある。「滝野に行く外国人、増えてるそうですが」「最近多いよ。ダイブツ目当てだね」。真駒内からタクシーで20分、ゴルフ場を越え、山道をどんどん登っていくと、やがてその大仏は現れる。ただし頭だけ。

以前は平地に置かれていた石像大仏。その巨大な大仏を、ラベンダーの丘で覆った「頭大仏殿」は、建築家の安藤忠雄の設計だ。

60年代の建物と見事に調和する道具としてのインテリア。| 安藤夏樹(編集者)

まさか、自分がアメリカのミッドセンチュリー家具を買う日が来るとは思わなかった。90年代のブームの時は逆に避けていたので」と言う編集者の安藤夏樹さん。もともとは70年代のスペースエイジ調のデザインが好きで、ヴェルナー・パントンなどのデザイン家具を揃えていた。1年半ほど前、60年代の古いヴィンテージマンションに事務所を構える際に、ミッドセンチュリー期のインテリアを再認識したという。

「仕事柄さまざま

パリ〈ピノー美術館〉がオープン目前だからこそ、 安藤忠雄ワールドに浸る。

2019年にパリ中心部でオープンすることが決定した〈ピノー美術館〉。その設計を担当しているのが安藤忠雄だ。実はSF映画『ロスト・エモーション』のロケ地として、安藤の手がけた長岡造形大学、淡路夢舞台などが使われている。本作の世界に浸りながら、近未来を思わせる新しい安藤建築の完成を待ち望むのはいかが?

女性たちの、女性による、女性のための映画。

国籍やバックグラウンドの異なる女性監督が、女性ならではの感性で愛を描く、〈ミュウミュウ〉
のプロジェクト。ポエティックな感性を持つ河瀨直美による『女性たちの物語#11』は、安藤サクラが主演。女優、ダコタ・ファニングの初監督作となる『女性たちの物語#15』など、メガホンを執る監督のキャリアもさまざま。クリスタル・モーゼルによる『女性たちの物語#12』は、ヴェネチア国際映画祭で上映されるなど、映画界か

小野正嗣『九年前の祈り』の安藤さなえ

名前:小野正嗣『九年前の祈り』の安藤さなえ

病状:そのミミズは本物のミミズとちがって幼子のなかにあった感情や知性の土壌を豊かにしてはくれなかった。まったく逆だった。だからミミズが出てくるのを見ると恨みはつのった。

備考:引きちぎられたミミズのように大騒ぎする子を持て余すシングルマザーのさなえ。その胸にかつての言葉が蘇る。芥川賞受賞作。ほか3編を収録。講談社文庫/620円。

世界が熱視線を注ぐ日本の建築。その過去、現在、未来を体感する展覧会。

"建築家のノーベル賞"とも呼ばれるプリツカー賞。あまたの建築大国を抑えて、日本はその最多受賞国だ。丹下健三、安藤忠雄、SANAAの妹島和世と西沢立衛……、日本人建築家たちが世界的に高い評価を得るのは、日本に古くから根づいてきた自然観や美意識が、西洋文化との融合により独創的な表現として花開いたからではないだろうか。
 そんな日本の建築を、古代から現代に至るまでじっくり紐解く展覧会『建築の日本展:その