キーワード

札幌

新オープン〈札幌市民交流プラザ〉。 オペラを上演できる大型劇場が誕生。

10月7日、札幌中心部の大型再開発ビル「さっぽろ創世スクエア」に〈札幌市民交流プラザ〉がオープンした。〈札幌文化芸術劇場 hitaru〉〈札幌文化芸術交流センター SCARTS〉〈札幌市図書・情報館〉で構成する公共文化施設だ。

ユニークなのは課題解決型図書館「札幌市図書・情報館」。文学書や児童書は置かず、蔵書の貸し出しも行わない。ビジネスパーソンへの情報提供に特化し、ビジネス、アート、くらし関連

北海道民が愛する袋麺、 S&B「ホンコンやきそば」の正解レシピを プロの料理人に聞いてみた。

S&Bの袋麺「ホンコンやきそば」は、味つけ油揚げ麺を熱したフライパンの湯でほぐし、水分を蒸発させて仕上げる。記載レシピの水200㎖をわずかな増減で調整し、自分流ホンコンやきそばを作る道民は多い。

「裏メニューでしたが、誰かが食べ始めると、みんな注文するんで今はメニューに載せてます」と〈たつ吉〉店長の吉田達也さん。「少しだけお酒を足すけど、僕は水は表示通りがいいと思いますよ」とプロは正統推しでした

小麦粉と魚肉のハイブリッドは 札幌では当たり前なの?

札幌市民が本州のパン屋で気づくこと。「ちくわパンがない!」。ツナサラダやチーズが詰まったちくわ入りのパンは、あまりに日常すぎて、札幌固有であることを知らない人が多いのだ。一方、かまぼこの〈かま栄〉が、すり身をパンで巻いて油で揚げたパンロールは、地方発送できないため北海道でしか買えない。

ちくわパンは80年代に札幌・白石の焼きたてパンの〈どんぐり本店〉で生まれた札幌発祥惣菜パン。市内のほかのパン屋

大仏、モアイ、ストーンヘンジ。 ANDOファンの外国人観光客の聖地が 南区の山腹にある⁉

地下鉄南北線の南の終点・真駒内駅を出ると、札幌五輪公式時計の時計塔の隣にタクシー乗り場がある。「滝野に行く外国人、増えてるそうですが」「最近多いよ。ダイブツ目当てだね」。真駒内からタクシーで20分、ゴルフ場を越え、山道をどんどん登っていくと、やがてその大仏は現れる。ただし頭だけ。

以前は平地に置かれていた石像大仏。その巨大な大仏を、ラベンダーの丘で覆った「頭大仏殿」は、建築家の安藤忠雄の設計だ。

旨い寿司を追求するR&D型寿司店 〈鮨ノ蔵〉がなんかすごいらしい。

「札幌で寿司を食す」。なんて淫靡な響きだろう。これだけで丼飯がお代わりできるほどのキラーワードだ。今あなたは脳内でどんな店のどんな握りを妄想しただろう? 暖簾をくぐると「いらっしゃい!」の声に迎えられ、こぼれ落ちるほどのイクラに責められるプレーか、背筋の伸びるしつらえの中“厳選された”ピチピチの素材を五感で堪能するイメージだろうか。

そんな喜びでは満たされなくなった上級者にも、寿司屋のカウンター

徹底した管理で、ナチュールの味を伝える。

香川〈悦凱陣〉の酒蔵や、盛岡の酒屋〈吟の酒 きぶね〉で下積みをし、ロワールの〈ドメーヌ・モス〉で経験を重ねた小林夫妻が地元・札幌で営む、ヴァン・ナチュールの店。2014年7月に店を開いてからも、毎年1ヵ月はフランスへ渡り、自分たちが飲みたい、造り手から大切に届けたいワインを足で集める。最初12から始まった生産者は、今は60ほどを数える。フランスだけですでに500以上の生産者を巡ったという。稀少価値

北海道産に信頼が厚い、チーズの専門店。

ナチュラルチーズの店〈フェルミエ 札幌店〉から独立する形で、昨年2月、北海道産のチーズを豊富にラインナップする店としてオープン。店頭での販売のほか、道内50店舗ほどの飲食店にもチーズを卸す、地元からの信頼が厚い店だ。ストックを合わせて100種類ほどという商品は、フランス、イタリア、スペインなど〈フェルミエ〉から仕入れるヨーロッパのチーズが約6割、北海道産が約4割を占める。もともとワイン販売の仕事が