Eat

Eat

食べる

グルマン温故知新:五反田〈ヤオロズクラフト〉名水仕込みのビールを、地鶏、鮮魚のつまみと

テーマごとにレストランを紹介するブルータスの人気連載。今回は一つの料理や食材への並々ならぬ愛情で、マニアックな専門店を作り上げてしまったお店。愛の強さ=味わいに比例する!遊び心溢れるメニューを堪能せよ。

Photo: Naoki Tani / Text: Kei Sasaki

連載一覧へ

ヤオロズクラフト(五反田)

名水仕込みのビールを、地鶏、鮮魚のつまみと。

清酒「八海山」の〈八海醸造〉が手がけるクラフトビールブランド〈ライディーンビール〉を、常時4種以上提供。フルラインナップがタップで揃うのは、新潟県南魚沼市にある醸造所とここだけ。ビール好きを刺激する店ながら、昼は定食あり、アラカルトのつまみも豊富で、スタンド感覚でさくっと一杯からがっつり居酒屋使いまでご自由に、という勝手の良さだ。

「ライディーン」の名は、ビールの仕込みに使う地元の名水「雷電様の清水」から。自然が育む良質な素材ありきの姿勢は、店の味作りも同じ。鹿児島や宮崎の契約生産者から届く地鶏やその日の朝に水揚げされた鮮魚を、ビールが進むシンプルな一品に。

一部メニューには、合わせて味わいたいビールの提案もあり、ビールペアリングのカジュアルな入門編としても好適。奈良漬けを使ったポテサラに、燻香を効かせたメンチカツと、定番つまみもひとひねり。つい杯を重ねてしまう。

五反田〈ヤオロズクラフト〉料理長の漆原健亮さん
料理長の漆原健亮さんも大のビール好き。
五反田〈ヤオロズクラフト〉店内
タップが並ぶカウンター中心の1階。2階はテーブル席が並ぶゆったりとした空間。

連載一覧へ