Eat

Eat

食べる

グルマン温故知新:赤坂〈焼きそば専門天 赤坂店〉店主の腕前とセンスが光る完全無欠の焼きそば

テーマごとにレストランを紹介するブルータスの人気連載。今回は一つの料理や食材への並々ならぬ愛情で、マニアックな専門店を作り上げてしまったお店。愛の強さ=味わいに比例する!遊び心溢れるメニューを堪能せよ。

photo: Shin-ichi Yokoyama / text: Mamiko Kume

連載一覧へ

焼きそば専門天 赤坂店(赤坂)

店主の腕前とセンスが光る完全無欠の焼きそば。

まず見た目からしてオーラがある。エッジが立った細麺に、ムラなくまとわせたソース。そこに紅ショウガの赤と九条ネギの緑のコントラスト。鉄板から立ち上る香ばしい匂いと湯気。口に運んだ瞬間、旨いとわかる。

「味わってからでないとわからん言わはる人もおるけど、B級グルメやからすぐ旨いでええ思います」と店主の物河義一さん。

今から15年前に京都・二条高倉に〈鉄板焼・お好み焼 仁〉を開業。その後、評判が良かった焼きそばの専門店を2年前にオープンし、このほど東京・赤坂へ。

自慢は「細くてもコシがある」自家製麺で、粉を独自配合した低加水麺はソースが絡みやすく小麦粉の味もより感じられる仕上がり。さっと湯に通してほぐしてからカツオだしを少量加え、強火で一気に仕上げるのが旨さの秘訣。

京都の地ソースを5種類ブレンドしたというその味は、複雑さと深みがあってフルーティ。美食の都が認める麺の実力は、推して知るべし。

赤坂〈焼きそば専門天 赤坂店〉店主の物河義一さん
京都の店は娘に任せて上京した店主の物河義一さん。
赤坂〈焼きそば専門天 赤坂店〉店内
店内はテーブル席とハイスツールのカウンターがあり親しみやすい空間。

連載一覧へ