Eat

Eat

食べる

グルマン温故知新:幡ヶ谷〈will o' wisp〉駅前商店街の新星は、軽やかでフレッシュ

テーマごとにレストランを紹介するブルータスの人気連載。今回は一つの料理や食材への並々ならぬ愛情で、マニアックな専門店を作り上げてしまったお店。愛の強さ=味わいに比例する!遊び心溢れるメニューを堪能せよ。

Photo: Shin-ichi Yokoyama / Text: Haruka Koishihara

連載一覧へ

will o' wisp(幡ヶ谷)

駅前商店街の新星は、軽やかでフレッシュ。

幡ヶ谷駅から代々木八幡方面へと延びる西原商店街。ドラッグストアやチェーン店がひしめく駅前に、今年2月忽然と現れたレストランが〈will o’ wisp〉。全面ガラス張りの店構えや天井の高い空間が、異彩を放つ。

サッカーの指導者を目指して資格を習得した後、ニュージーランドでの語学留学中に料理の世界へ興味を持ち、フランスに渡ったオーナーシェフの光安北斗さん。

全くの未経験にもかかわらず、パリの〈Passage 53〉の佐藤伸一さんに願い入れ、店の立ち上げから2年間勤務。さらにブルックリンにあった話題店〈Battersby〉で働くなど7年間の武者修行から戻り、代々木八幡〈PATH〉へ。3年働きシェフを務め、独立を果たした。

扱う素材の多くは、天草、佐渡など実際に現地を訪れて出会った生産者から届く。それらを、例えばイカと豚の内臓を組み合わせるといったフレンチのセオリーを踏まえつつも、完成した料理は新鮮さを放っている。

幡ヶ谷〈will o' wisp〉オーナーシェフの光安北斗さん
読書家の一面を持つ光安さん。店内には文学全集や絵本も並ぶ。
幡ヶ谷〈will o' wisp〉店内
天井に渡した太い梁は、東北の古民家で使われていたもの。

連載一覧へ