Eat

Eat

食べる

グルマン温故知新:赤羽橋〈une pincée〉ひたむきな人柄が伝わる、端正な料理を

テーマごとにレストランを紹介するブルータスの人気連載。今回は一つの料理や食材への並々ならぬ愛情で、マニアックな専門店を作り上げてしまったお店。愛の強さ=味わいに比例する!遊び心溢れるメニューを堪能せよ。

Photo: Shin-ichi Yokoyama / Text: Haruka Koishihara

連載一覧へ

une pincée(赤羽橋)

ひたむきな人柄が伝わる、端正な料理を。

東麻布商店会、通称「いーすと通り」の一角に小さなフレンチレストランが誕生したのは2019年の年の瀬。店内の様子がよく見える大きなガラスと、イギリスのアンティークの扉を組み合わせた入口が目印だ。

オーナーシェフの馬堀直也さんは理系の学校を卒業するも、フランス料理の世界に惹かれ、代官山〈マダム・トキ〉をはじめとする有名店で研鑽を積んだ。パリ郊外・フォンテーヌブローのレストランではジビエ料理を、その後ロンドンの星付きレストランではイノベーティブな表現も学んだ経歴の持ち主だ。

2016年から3年間、麻布十番〈カラペティバトゥバ!〉でシェフを務めた後、満を持しての独立開業。生まれも育ちも東京・大井町。同様に個人店が多く立ち並ぶこの街並みに親しみを覚えて、ここに決めたという。

フレンチの要であるソースを重んじつつ、オーセンティックな料理も軽やかに仕上げる。ゆったり、じっくり味わいたい。

赤羽橋〈une pincée〉オーナーシェフの馬堀直也さん
「師匠の教えは、とにかく丁寧に作ること」と、真摯な馬堀さん。
赤羽橋〈une pincée〉店内
「木・鉄・白」をお題に、デザイナーに依頼した空間。

連載一覧へ