Eat

Eat

食べる

グルマン温故知新:五反田〈とり口〉名店仕込みの焼き鳥をイタリア小つまみと

テーマごとにレストランを紹介するブルータスの人気連載。今回は一つの料理や食材への並々ならぬ愛情で、マニアックな専門店を作り上げてしまったお店。愛の強さ=味わいに比例する!遊び心溢れるメニューを堪能せよ。

Photo: Naoki Tani / Text: Kei Sasaki

連載一覧へ

とり口(五反田)

名店仕込みの焼き鳥をイタリア小つまみと。

折敷の中心に焼き鳥用の角皿をセットし、周りに小皿でつまみを出していくスタイルがユニーク。つまみは、パルミジャーノチーズをかけた白インゲン豆の煮込みにポーチドエッグのからすみがけ、フルーツトマトのカッペリーニと、イタリア色が濃厚なのが新しい。

日本酒酒場〈それがし〉の系列店。焼き手は〈鳥よし〉出身の西口和樹さんだ。¥5,800のコース一本勝負で「店の味を決める」というかしわ、つくねからスタートする焼き鳥は10本。流行りのレア焼きに寄りすぎず、かつ決して焼きすぎず、部位ごとの旨味、食感を引き出す焼きは、経験のなせる業だ。

ワインはソムリエが「白ならオーストリアのグリューナーヴェルトリーナー、赤なら冷やしたピノ・ノワールやシラーが鶏に合いますよ」なんて具合に薦めてくれるし、日本酒は冷やでよし、燗でよしの純米酒を30種ラインナップ。フルオープンの劇場型カウンターで、ライブ感も格別だ。

五反田〈とり口〉の西口和樹さん
西口さん。経験豊かで職人気質。
五反田〈とり口〉店内
フルオープンキッチンを囲むカウンター。卓上の折敷や器はオリジナルで作製したもの。

連載一覧へ