Eat

Eat

食べる

グルマン温故知新:下北沢〈TauLa〉クラシック愛を貫く、自称「地味スパニッシュ」

テーマごとにレストランを紹介するブルータスの人気連載。今回は一つの料理や食材への並々ならぬ愛情で、マニアックな専門店を作り上げてしまったお店。愛の強さ=味わいに比例する!遊び心溢れるメニューを堪能せよ。

Photo: Yoichiro Kikuchi / Text: Mamiko Kume

連載一覧へ

TauLa(下北沢)

クラシック愛を貫く、自称「地味スパニッシュ」。

若かりし頃、バックパッカーでスペイン各地を巡り、郷土料理の魅力に目覚めたというシェフの髙槗翔太さん。帰国後は〈ティオ・ダンジョウ〉〈バルマコ〉〈エル・カミーノ〉など東京屈指の名店で修業。満を持して、スペイン料理と自然派ワインとシェリーの店を開店した。

目指すスタイルは、親しみのある1ツ星レストラン。クラシックな本場の味をベースに踏まえながら、国産食材で日本に根付くスペイン料理を探求中だ。

メニューに並ぶのは、本人いわく「地味スパニッシュ」。「知られていない料理も作り方や見せ方一つでおいしさは伝わる」と意気込む。

例えば、素材ごとに分けて丁寧にマリネする魚介と白インゲンのサラダ。手間をかけて魚らしい食感を立たせる、カサゴとホタテのパステル。〆を飾るのは、スペインの土鍋カスエラで炊くバスク風アサリご飯。だしを効かせたしっかり味だから、ワインが進むこと。

シェリー酒も飲み逃しなく!

下北沢〈TauLa〉シェフの髙槗翔太さん
わかりづらくても料理名はあえてスペイン流を貫く、髙槗さん。
下北沢〈TauLa〉店内
幅広のカウンターと奥には8名まで利用可能な大テーブルも。

連載一覧へ