Eat

Eat

食べる

グルマン温故知新:銀座〈SPICE LAB TOKYO〉和の食材と出会って進化したモダンインド

テーマごとにレストランを紹介するブルータスの人気連載。今回は一つの料理や食材への並々ならぬ愛情で、マニアックな専門店を作り上げてしまったお店。愛の強さ=味わいに比例する!遊び心溢れるメニューを堪能せよ。

Photo: Yoichiro Kikuchi / Text: Haruka Koshihara

連載一覧へ

SPICE LAB TOKYO(銀座)

和の食材と出会って進化したモダンインド。

「フレンチやイタリアンにはイノベーティブなレストランがたくさんあるのに、インド料理店だけは旧態依然としているのでは?」。日本のインド料理シーンにそんな思いを抱いていた実業家、ブリヤ&スナンダン・カプールさんご夫妻。本国では、実は約10年前から“モダン・インディアン・キュイジーヌ”が花盛り。その流れを東京にも、と一念発起し、ここをオープン。

インドの高級ホテルで腕をふるったラヴィテジ・ナスさんをこのプロジェクトに迎え、日本各地の食材を研究。それらとインド各地の食文化を融合させるのは、コペンハーゲンの〈noma〉で修業経験がある総料理長のテジャス・ソヴァニさんだ。

メニューはコース主体で、「寺院」「街路」「王族」など、一皿ごとにテーマが設定されている。例えば屋台料理も、フィンガーフードに仕立てることでモダンな印象に。和の調味料やスパイスの効かせ方も洗練されている、最新型のインド料理を。

銀座〈SPICE LAB TOKYO〉総料理長のテジャス・ソヴァニさん
タンドールを操るシェフのソヴァニさん。
銀座〈SPICE LAB TOKYO〉店内
鮮やかなターコイズブルーとテラコッタ色をテーマカラーにした空間はゴージャス。

連載一覧へ