Eat

Eat

食べる

グルマン温故知新:恵比寿〈繁邦〉 家業と自身の夢とを融合させたパンビストロ

テーマごとにレストランを紹介するブルータスの人気連載。今回のテーマは「パンも、料理も、おまかせあれ。」。パンは、料理の味わいを増し増しにしてくれる重要なパートナー。ならば、行きたいのはパンの腕に覚えあり、の店。町で人気のパン屋さんを実家に持つシェフが開いたビストロならば、申し分なし。

photo: Kanako Nakamura / text: Haruka Koishikawa

連載一覧へ

繁邦(恵比寿)

家業と自身の夢とを融合させたパンビストロ

若き(24歳!)オーナーシェフ・青木虎太郎さんの実家は、高円寺の人気店〈しげくに屋55ベーカリー〉。その環境もあって幼い頃から料理人を志した。

高校3年の夏休みに〈レフェルヴェソンス〉で研修。この道への思いをさらに高めて専門学校へ進み、卒業後は代々木上原〈sio〉へ。3年間勤めた後は家を手伝いつつ独立の準備を。父母が従事してきた製パン業の将来を考え「ほかの形態と掛け合わせることで負担を減らし、永続させたい」と、自身の夢とドッキング。

日中はカフェとベーカリー、夜はビストロという“三毛作”が誕生した。父が高円寺で焼いたパンを、母がこちらに搬入と、一家総出で営む。

パンを使った前菜やパテ・ド・カンパーニュなどフレンチの定番もあれば、カルパッチョのように既存のレシピを再検証した意欲的な皿も。

また「気軽に使ってほしい」と〆のパスタも用意。「25歳までに独立」という夢を実現し、意気軒昂だ。

連載一覧へ