Eat

Eat

食べる

グルマン温故知新:神楽坂〈SHIGE tei〉まるで薬箱! 引き出しの多いカウンター和食

テーマごとにレストランを紹介するブルータスの人気連載。今回は一つの料理や食材への並々ならぬ愛情で、マニアックな専門店を作り上げてしまったお店。愛の強さ=味わいに比例する!遊び心溢れるメニューを堪能せよ。

Photo: Yoichiro Kikuchi / Text: Mamiko Kume

連載一覧へ

SHIGE tei(神楽坂)

まるで薬箱! 引き出しの多いカウンター和食。

鉄板焼きにスペイン料理、寿司、鶏鍋で料理を学び、神楽坂の名割烹〈ほそ川〉で修業の総仕上げ。店主・長野成宏さんが満を持してオープンしたのは、自分が家で食べたい「家庭料理の延長線上にある和食」の店だ。

開店当初こそコース主体だったものの、旬の素材を重視するうちアドリブが利くアラカルトへシフト。品書きにはお造り、揚物、炭火焼などオーソドックスな品々もあれば、イレギュラーなローストビーフやペンネ・ボロネーゼが心躍らせる。ひとたび登場すれば、客は次々オーダーの連鎖。インパクトと香りに抗えるはずもない。滞在時間が長くなるのも致し方なし、か。

黄身酢を使ったタルタルソース、手ごね寿司には山わさびと、持ち前のセンスには舌を巻く。

和食店らしからぬ料理だが、「何でもあり、でもそれでいい」と、泰然自若の長野さん。バランスのいい味は胃袋にストンと収まる。食欲と本能の赴くまま、まるっと受け止めていただこう。

神楽坂〈SHIGEtei〉店主の長野成宏さん
韓国で和食店の立ち上げにも関わった長野成宏さん。
神楽坂〈SHIGEtei〉店内
NYのアーティストによるポップな絵が店内に軽さをもたらす。

連載一覧へ