Eat

Eat

食べる

グルマン温故知新:渋谷〈酒井商会〉九州食材と郷土の味を、選び抜いた器と酒で

テーマごとにレストランを紹介するブルータスの人気連載。今回は一つの料理や食材への並々ならぬ愛情で、マニアックな専門店を作り上げてしまったお店。愛の強さ=味わいに比例する!遊び心溢れるメニューを堪能せよ。

Photo: Naoki Tani / Text: Kei Sasaki

連載一覧へ

酒井商会(渋谷)

九州食材と郷土の味を、選び抜いた器と酒で。

店主の酒井英彰さん、カウンター越しに器をさっと差し出す所作が美しい。聞けば茶道をたしなんでいるとか。「料理や経営以外にも、学びを広く」とは、独立前に勤めた渋谷〈高太郎〉林高太郎さんの教えだ。

長崎〈雲仙ハム〉のハムを使った分厚いハムカツに、佐賀・呼子の郷土料理、いかしゅうまい。自身が福岡出身ゆえ、つまみのテーマは「九州の味」だ。奇を衒ったものはないのに、どの料理にもきちんと顔がある。

作家ものから骨董まで、器選びのセンスもいい。酒は食事に寄り添うナチュラルワインと純米酒の二本柱。シメは五島うどんのぶっかけ明太かごぼ天肉うどんにするか、それとも季節の土鍋ご飯か。どちらも捨てがたい。

古いビルの2階、看板はナシ。狭くて急な階段を上がると、墨色の壁、古材のカウンターの小空間が開ける。気取りはないのに、清潔で、生活感を感じさせるものがない。「いい店」オーラに食べる前から気分が上がる。

渋谷〈酒井商会〉酒井さん
丸刈りで体格のいい酒井さん。オーストラリアで3年暮らした経験があり英語も堪能。
渋谷〈酒井商会〉店内
古材のローカウンターが店のシンボル。

連載一覧へ