Eat

グルマン温故知新:代々木公園〈アジア屋台食堂 ピポンペン〉アジアの茶色いおかずが大集合の食堂

テーマごとにレストランを紹介するブルータスの人気連載。今回は一つの料理や食材への並々ならぬ愛情で、マニアックな専門店を作り上げてしまったお店。愛の強さ=味わいに比例する!遊び心溢れるメニューを堪能せよ。

Photo: Yoichiro Kikuchi / Text: Haruka Koishihara

連載一覧へ

アジア屋台食堂 ピポンペン(代々木公園)

アジアの茶色いおかずが大集合の食堂。

代々木公園の人気ベトナム料理店〈ヨヨナム〉などを手がけるヤマモトタロヲさんが新店をオープン。お手本になったのは、ベトナムの大衆食堂「コムビンザン」。昼はショーケースから主菜を選び、おまかせのお惣菜とともにワンプレートに。夜はそれに加えて、酒が進むおつまみメニューもあれこれと。

店のスタイルはベトナムだが、料理はベトナムのほか中国、台湾、タイなど、アジア諸国の味を幅広く取り入れる。中には人気の料理家による「ご飯に合う」がテーマの料理も。

〈ヨヨナム〉のメニュー監修も手がける植松良枝さんの「ラーパーツァイ」や、小堀紀代美さん(LIKE LIKE KITCHEN)の「玉葱焼売」、しらいのりこさん(ごはん同盟)の「中華ちまき」など。

ベトナムのホイアンランプが灯る空間で、タイやベトナムで買い付けたキッチュな食器に盛り付けられたお惣菜をコップワインと一緒に味わえば、ひととき旅気分に浸れる。

代々木公園〈アジア屋台食堂 ピポンペン〉店長・シェフの大場雄介さん
店長・シェフの大場雄介さん。スタッフは全員、イメージカラーのエプロン姿。
代々木公園〈アジア屋台食堂 ピポンペン〉店内
照明やインテリアもアジアンテイストで統一。

連載一覧へ