Eat

グルマン温故知新:神泉〈居酒場 IGOR COSY SHINSEN〉クラフトな焼酎をフレンチの技アリつまみと

テーマごとにレストランを紹介するブルータスの人気連載。今回は一つの料理や食材への並々ならぬ愛情で、マニアックな専門店を作り上げてしまったお店。愛の強さ=味わいに比例する!遊び心溢れるメニューを堪能せよ。

Photo: Naoki Tani / Text: Kei Sasaki

連載一覧へ

居酒場 IGOR COSY SHINSEN(神泉)

クラフトな焼酎をフレンチの技アリつまみと。

ドリンクの推しは本格焼酎。氷を使わない水割りやソーダ割をワイングラスで味わえば、ふわりと香りが広がり、爽やかさから甘味へ味わいも変化する。

「アルコール度数もワインくらい。原料の香りや造り手の個性をワインのように感じ、食事と合わせてほしい」と、丸山智博さん。ビストロ〈メゾンサンカントサンク〉系列4店舗のオーナー兼総料理長。店作りの力量も注目される腕利きが仕掛け人。

旅や外国人クリエイターとの交流を通じ「都市に暮らす人が日常使いする場こそが、クールな場になり得る」と、早くから居酒屋の可能性に注目。次代の大衆酒場〈ランタン〉などを生み出してきた。ここはその発展形。

締めサバにソース状の香り醤油を添えて、焼売にハーブの香りを纏わせてと、馴染みのつまみを生産者から仕入れる素材やフレンチの技法で、ワンランク上の味に。東京らしく、でもパリにもありそうな、ボーダレスな空気が心地いい。

神泉〈居酒場 IGOR COSY SHINSEN〉店長の山本誠也さん
店長はフランス料理店での修業経験もある山本誠也さん。
神泉〈居酒場 IGOR COSY SHINSEN〉店内
厨房に面したカウンターが中心。奥に6人掛けの大テーブルも。

連載一覧へ