Eat

Eat

食べる

グルマン温故知新:祖師ヶ谷大蔵〈ベトナムフレンチ ネムクリュ〉「包む」料理とベトナムつまみをカウンターで

テーマごとにレストランを紹介するブルータスの人気連載。今回は一つの料理や食材への並々ならぬ愛情で、マニアックな専門店を作り上げてしまったお店。愛の強さ=味わいに比例する!遊び心溢れるメニューを堪能せよ。

Photo: Naoki Tani / Text: Kei Sasaki

連載一覧へ

ベトナムフレンチ ネムクリュ(祖師ヶ谷大蔵)

「包む」料理とベトナムつまみをカウンターで。

地上2階にもかかわらず、町と地続きのような雰囲気。大きな窓のおかげか、駅からのアクセスの良さゆえか。個人店が元気な商店街にお目見えした、創作ベトナム料理の新顔である。

店主の柿本将浩さんは、インテリアショップが手がけるエスニック料理店として人気を博した青山〈ロジャック〉(現在は閉店)で5年、ほかイタリアン、フレンチ、寿司店まであらゆる店の厨房を経験した。

独立の際、ベトナム料理を選んだのは「自由度が高いから」。店名はベトナム語で「春巻き」を指す「Nem(ネム)」とフランス語で「生」の意味を持つ「cru(クリュ)」を合わせた造語。

生春巻きよろしく、肉を詰めたヤリイカやもち米を詰めた手羽先など、「包む」がお題の創作料理あり、ブン(米粉の麺)などの現地の味に倣ったベトナム料理あり。地元の年配客からわざわざ足を運ぶエスニック好きまで幅広いゲストを“巻き込み”、小さな店から町を盛り上げる。

祖師ヶ谷大蔵〈ベトナムフレンチ ネムクリュ〉店内
コの字のハイカウンターのみ。昼間は一面の窓から光が差し込む。
祖師ヶ谷大蔵〈ベトナムフレンチ ネムクリュ〉店主の柿本将浩さん。
仕込みから営業中の接客まで、一人でこなす柿本さん。

連載一覧へ