Eat

Eat

食べる

グルマン温故知新:四谷三丁目〈神酒亭〉好きを形にした、ほっこり系酒場

テーマごとにレストランを紹介するブルータスの人気連載。今回は一つの料理や食材への並々ならぬ愛情で、マニアックな専門店を作り上げてしまったお店。愛の強さ=味わいに比例する!遊び心溢れるメニューを堪能せよ。

Photo: Shinichi Yokoyama / Text: Mamiko Kume

連載一覧へ

神酒亭(四谷三丁目)

好きを形にした、ほっこり系酒場。

「第二の人生をスタートするなら元気なうちに」と勤め先の放送局を早期退職。得意な料理と惚れ込んだ酒でもてなす酒場を開店した嶋崎美紀さん。料理学校で出会った味澤玲子さんと二人三脚、笑顔満開で営業中だ。

アラカルト中心のメニューは野菜多めで、魚は選りすぐり。ある日のお通しは自家製ツナ、優しいだしがたっぷり染みた京都・久世茄子の旨煮、季節感が楽しめるだし巻き。大分〈長田商店〉直送の干物に、肉厚で食べ応えのある穴子の白焼きは定番に昇格した。酸っぱいもの、甘いもの、だしものをバランスよく、飲兵衛泣かせなひねりのある仕立てに。

どの皿もちょうどいいボリュームとお値段で「ふらっと来てもらえたら」と、嶋崎さん。日本酒は秋田の酒販店と四谷の地酒専門店から。ワインはスペインとポルトガルにこだわり、シェリー酒も「醤油に合う」と3種もオンメニュー。荒木町の夜をおいしく優しく和ませる、女将コンビの登場です。

四谷三丁目〈神酒亭〉店主の嶋崎美紀さん(手前)と味澤玲子さん。
揃いのユニフォームがお似合いの嶋崎さん(手前)と味澤さん。
四谷三丁目〈神酒亭〉店内
カウンターメインの店内はコンパクトながら居心地のいい空間。

連載一覧へ