Eat

Eat

食べる

グルマン温故知新:広尾〈La Trattoriaccia〉トスカーナで魅せられた味を、真っすぐ伝える

テーマごとにレストランを紹介するブルータスの人気連載。今回は一つの料理や食材への並々ならぬ愛情で、マニアックな専門店を作り上げてしまったお店。愛の強さ=味わいに比例する!遊び心溢れるメニューを堪能せよ。

Photo: Hisashi Okamoto / Text: Haruka Koshihara

連載一覧へ

La Trattoriaccia(広尾)

トスカーナで魅せられた味を、真っすぐ伝える。

2016年までの16年間イタリアで経験を積み、うち13年半をフィレンツェとシエナで過ごした河合鉄兵シェフが開店。それだけに、メニューにはトスカーナ州の名物料理の名前が頻出する。前菜の盛り合わせに入っているポルケッタやポルペッティーネ(ミートボール)、ペポーゾ(牛肉の黒コショウ煮込み)etc.。トスカーナ料理好きなら、喉が鳴る布陣だ。

調理師学校を卒業し、地元・京都のイタリアンを経て渡伊。

最初に住んだシエナの田舎町で“よく働き・よく休め”な、イタリア人の人間らしい暮らしぶりに惹かれた。だから「一生住むつもりでいた」が、トスカーナの味を日本で、と思うに至り帰国。昨年の開業に至る。

ゆえに味もボリュームも、自分が惚れ込んで現地で作っていたそのまま、が信条。本国と遜色ない食材や愛用の調味料が入手できる状況も、追い風に。トスカーナ愛みなぎる料理は、イタリア人にも早くも評判だ。

広尾〈LaTrattoriaccia〉シェフの河合鉄兵さん
都内で唯一土地勘がある港区内に開店したかった、と河合さん。
広尾〈LaTrattoriaccia〉店内
店内のあちこちに、イタリアで集めた調理器具や本が並ぶ。

連載一覧へ