Eat

Eat

食べる

グルマン温故知新:中目黒〈La gueule de bois〉メインはがっつり肉、酒場使いは深夜2時まで

テーマごとにレストランを紹介するブルータスの人気連載。今回は一つの料理や食材への並々ならぬ愛情で、マニアックな専門店を作り上げてしまったお店。愛の強さ=味わいに比例する!遊び心溢れるメニューを堪能せよ。

Photo: Naoki Tani / Text: Kei Sasaki

連載一覧へ

La gueule de bois(中目黒)

メインはがっつり肉、酒場使いは深夜2時まで。

長く洋食業態で働きながら「ワインが苦手だった」という布山純志さん。が、ニースの修業先でのヴァン・ナチュールとの出会いが転機に。飲み心地のよさと創作的な料理と合わせた提案に魅了された。帰国後、銀座〈レストラン イシダ〉を営むベテラン、石田淳一シェフの下で地固めをし独立。「日本のビストロノミーはレストラン寄り。料理はきっちり、もっと自由にいきたい」と、ポップミュージックをBGMに、中目黒の裏路地に深夜まで明かりを灯す。

旬魚のカルパッチョやベニエなど¥1,000前後の前菜を多く揃え、ワインバー使いもどうぞ、というスタンス。どの皿も酸味使いが巧みで、ワインと好相性だ。メインの推しは滋賀〈木下牧場〉産の近江牛。自身も滋賀県出身、加えて同牧場の木下尭弘さんのような若く熱意ある生産者と一緒に、何かを発信する店にしていきたいから。自由度同様、志も高く。先達に続きシーンを盛り上げる気満々だ。

中目黒〈Lagueuledebois〉布山純志さん
布山さん。料理は仕込みから仕上げまで1人でこなす。
中目黒〈Lagueuledebois〉店内
小さな店だが、カウンター、テーブルに加え、横並びの3名卓も。

連載一覧へ