Eat

グルマン温故知新:新宿三丁目〈IL LATO〉素材重視で魚介を極める、成熟のリストランテ

テーマごとにレストランを紹介するブルータスの人気連載。今回は一つの料理や食材への並々ならぬ愛情で、マニアックな専門店を作り上げてしまったお店。愛の強さ=味わいに比例する!遊び心溢れるメニューを堪能せよ。

Photo: Shin-ichi Yokoyama / Text: Mamiko Kume

連載一覧へ

IL LATO(新宿三丁目)

素材重視で魚介を極める、成熟のリストランテ。

新宿三丁目〈オステリア・オリエーラ〉、南青山〈リストランテ ペガソ〉でシェフを経験した古井繁規さん。自店は「お客さんの反応が見える」とオープンキッチンに。ベテランが腕を振るうとあって、カウンター席はグルマンで埋まり、盛況だ。

コース仕立ての料理は、野菜と魚介と手打ちパスタが主役。とりわけ力を注ぐ魚介は、築地時代から市場に通っているだけに「イタリアンではうちが一番」ときっぱり。扱うのは寿司の名店や天ぷら職人が使う上物。マスなら4㎏以上と、目方にまでこだわるから恐れ入る。「季節感を大事にしたいし、実際に見てみないと。情報交換できるし、足を運ぶ料理人にはいいものを回してくれる」と、古井さん。

野菜は有機に凝り、食べ疲れないようサラダやスープ、付け合わせにも種類と量を多めに。フォン・ド・ヴォーにブロード、貝やカニとだしを使い分け、素材の味を立たせる手練れぶり。美味と向き合える出色の一軒。

新宿三丁目〈IL LATO〉オーナーシェフの古井繁規さん
熟練の天ぷら職人や和食の料理人とも親交が深いオーナーシェフの古井繁規さん。
新宿三丁目〈IL LATO〉店内
店内は木を多用した落ち着きのある雰囲気。

連載一覧へ