Eat

Eat

食べる

グルマン温故知新:自由が丘〈igora〉「思い」のある食材で、食べ心地の良い料理を

テーマごとにレストランを紹介するブルータスの人気連載。今回は一つの料理や食材への並々ならぬ愛情で、マニアックな専門店を作り上げてしまったお店。愛の強さ=味わいに比例する!遊び心溢れるメニューを堪能せよ。

Photo: Yoichiro Kikuchi / Text: Mamiko Kume

連載一覧へ

igora(自由が丘)

「思い」のある食材で、食べ心地の良い料理を。

「食後に体が軽い料理が好き」と坂井務シェフ。食材は直接生産者から、魚介は早朝自ら豊洲市場まで足を運び、信頼する魚屋から仕入れるこだわりよう。

カツオなら切れ味鋭い包丁で厚めに切りつけ、皮目を炙ってもち米の藁で焼き、たたきに。豊後の牡蠣も直前に殻を外しふっくらと火入れして手打ちのタリオリーニと。一貫しているのは「素材感」と「塩加減」。そこにイタリア料理のエッセンスと遊び心がプラスされ、シェフのロジックが皿上に垣間見える。

三軒茶屋〈ブリッカ〉で腕を磨き、この店でも受け継ぐのは「完成されていてずっと食べ続けられる」料理。メインの肉にしても焼き加減は申し分なく、塩の決め方、酸味のバランスはお手のもの。メリハリを効かせて、次の皿へときっちり繋ぐ。

1,000本収納可能なウォークインセラーを設けたのも、造り手の思いを感じながらワインを楽しんでほしいから。居心地のよさも住宅街ならでは。

自由が丘〈igora〉シェフの坂井務さん
ナチュラルワインに強い坂井務シェフ。
自由が丘〈igora〉店内
包丁職人の坂下勝美さん作のまな板を備えるカウンターはお一人様にも好都合。

連載一覧へ