Eat

Eat

食べる

グルマン温故知新:銀座〈餃子歩兵 銀座店〉舞妓さん・芸妓さん好みの“おちょぼ”な餃子

テーマごとにレストランを紹介するブルータスの人気連載。今回は一つの料理や食材への並々ならぬ愛情で、マニアックな専門店を作り上げてしまったお店。愛の強さ=味わいに比例する!遊び心溢れるメニューを堪能せよ。

Photo: Kanako Nakumura / Text: Mamiko Kume

連載一覧へ

餃子歩兵 銀座店(銀座)

舞妓さん・芸妓さん好みの“おちょぼ”な餃子。

シンプルかつ飽きない味わいで、「飲みのシメ」として人気になった京都の餃子専門店。〈祇園歩兵〉初となる姉妹店として銀座店がオープンしたのは、昨年12月のこと。程なくして行列の絶えない繁盛店となった。

小ぶりのちょうどいいサイズ感、両面焼きのパリッとした薄皮に、ジューシーな餡とのグッドバランス。“シグネチャー”の生姜ぎょうざは、仕事にも響かないニンニク不使用。一方のぎょうざは、精力増強(?)ニラニンニク入り。いずれも大袈裟な羽根はなく、控えめ“微翼”。インパクトのある味わいの生姜はこってりめの味噌だれ、ぎょうざは酢醤油で召し上がれ。

「京都は〈餃子の王将〉のお膝元。何十年も前から餃子をつまみに酒を飲むというスタイルは定着しています」と、店長の山口貴一さん。飲酒の前にはぜひ、肝臓をいたわる鬼しじみのエスプレッソを。ツボ突きまくりのメニューが脇を固める新店。王将を詰める「と金」となるか⁉

銀座〈餃子歩兵 銀座店〉店長の山口貴一さん
「お酒と一緒につまんで」と、店長・山口貴一さん。
銀座〈餃子歩兵 銀座店〉店内
カウンターには食欲をあおるおにぎりが。ちりめん山椒ほか各¥250。

連載一覧へ