Eat

Eat

食べる

グルマン温故知新:江戸川橋〈FUJI COMMUNICATION〉台湾フードに恋した2人によるカジュアル酒場

テーマごとにレストランを紹介するブルータスの人気連載。今回は一つの料理や食材への並々ならぬ愛情で、マニアックな専門店を作り上げてしまったお店。愛の強さ=味わいに比例する!遊び心溢れるメニューを堪能せよ。

Photo: Hisashi Okamoto / Text: Haruka Koshihara

連載一覧へ

FUJI COMMUNICATION(江戸川橋)

台湾フードに恋した2人によるカジュアル酒場。

この店を2人で営む齋藤翼さんは飲食店の立ち上げ請負人、近藤喬哉さんはヒルトン東京のサービスマン&飲食コンサルタントという経歴を持つ。高校の同級生で野球部仲間という2人が、意気投合してこの春開いたのは、水餃子やルーローハンといった台湾でお馴染みのストリートフードとナチュラルなワインを楽しめる店だ。

開店準備中に台湾に渡り人気店を片っ端から食べ歩き、ローカルフードの穏やかな味わいが、提供したいと思っていたワインに合う、と確信を得た。

看板メニューである自家製水餃子の皮は、強力粉と塩、水のみで熟成時間などを工夫し、モチモチしていつつ歯切れの良い食感を実現。中身のあんやほかの料理も、化学調味料は使わずに素材の優しい旨味で仕上げる。

水餃子に使っている、台湾の香辛料「マーガオ」に、すっかりハマったという2人。夜市風の串焼きやソーセージなどの新メニューも続々登場中だ。

江戸川橋〈FUJICOMMUNICATION〉齋藤翼さん
厨房に立つ齋藤さん。近藤さんは、ホテル仕込みのサービスでホールを担当。
江戸川橋〈FUJICOMMUNICATION〉店内
簡素な空間の壁面には短冊に書かれたメニュー。

連載一覧へ